東京ハイキング協会 » 2010.07.03 【関東ふれあいの道(神奈川県)⑥ 湘南海岸・砂浜のみちと平塚七夕】報告

2010.07.03 【関東ふれあいの道(神奈川県)⑥ 湘南海岸・砂浜のみちと平塚七夕】報告



実施日:平成22年7月3日(土) 天候 曇り後ときどき雨

報告者:大木 建次

参加者:16名 (男3名 女13名)

【歩程】
片瀬江ノ島駅9:55→湘南海岸→ニエアル記念碑10:35→サイクリングロード→12:00ヘッドランド前(昼食)12:35→サザンビーチ→茅ヶ崎海岸→柳島海岸→柳島キャンプ場13:40→湘南大橋→須賀港バス停14:15=平塚駅

【コース概況】
小田急片瀬江ノ島駅(起点)から海に向い、国道134号線を渡ると案内板があり、国道134号線を暫く西に向う。左に曲がり湘南海岸公園の海岸沿いを歩くと、砂浜ではビーチ・サッカー、ビーチバレーを、海ではサーフィンと楽しんでいる。公園の西端、鵠沼橋の手前に指定の撮影ポイントであるニエアル記念碑(中国国家の作曲者)があり、そこで集合写真。

その後、鵠沼橋を渡るとサイクリングロードと兼用の起点があり、柳島海岸まで8.4km続いている。途中、地引き網での魚の選別作業を見学。砂丘からこぼれた砂が歩道にかぶさっている。砂防柵が長く張られ、単調な海岸線を歩いていくと、江ノ島は遠ざかり、T字型突堤のヘッドランドや烏帽子岩が見え、潮風とともに変化を感じる。

午後は、サザンビーチのモニュメント(茅ヶ崎のCと文字の切れ目にたつと円になることから、縁結びの輪として有名)を通り越し、終点の柳島海岸に。そのころから雨が降り始める。続いて、湘南大橋を渡り、須加港のバス停から平塚駅南口に。ここで解散。

その後は、駅の自由通路で北口に行き、賑わいと彩り鮮やかな七夕飾りの第60回湘南平塚の七夕まつりをたのしむ。


片瀬橋の案内板


湘南海岸で遊ぶ若者


ニエアル記念碑前にて


字引網で取れたアジなど


字引網で取れたてのシラス


サザンビーチモニュメント


サイクリングロード終点


湘南大橋欄干


平塚七夕飾り


平塚七夕飾り

【リーダーコメント】
参加の皆様、ご協力ありがとうございました。

今回のコースは、江ノ島から茅ヶ崎海岸まで、湘南海岸を歩くコースです。それだけでは、もったいないので平塚の七夕見学が加わっています。平塚の七夕の時期は雨が多いのですが、今回は殆ど曇りで、まずまずの状況でした。

今回を以って1月から始まった関東ふれあいのみちの海沿いのコースは終わり、4月・5月に秦野・二ノ宮・大磯のコースにつながり、次回以降は神奈川の県央部のコースとお祭りを兼ねた設定になります。

次回の関東ふれあいの道シリーズは、8月28日(土)の「大山参り蓑毛のみち」です。山行としては、7月27日(火)の「箱根神山・駒ケ岳・早雲山」、8月7日(土)の駿河小山駅から明神峠へのハイキングバスを利用して登る始めてのコースの「三国山・大洞山・立山」です。いずれも林間コースです。


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

332人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up