2010.07.7~10「北海道の山①」報告 | 東京ハイキング協会

2010.07.7~10「北海道の山①」報告



実施日:平成22年7月7日~10日 一般強
リーダー:大倉昌子
協力リーダー:坂寄牧子
協力者: 中山玲子
参加者:8名 (男性1名女性7名)
コース
7/7(水)羽田11:00発==新千歳12:30着==増毛「オーベルジュましけ」泊

7/8(木)宿4:30発==暑寒荘5:20歩開→佐上台6:25→五合目8:00→七合目
滝見台8:47→九合目10:10→暑寒別岳(1491.6m)11:30昼飯→歩行開12:00
箸別コース下山→八合目お花畑12:30→五合目13:30→箸別避難小屋15:30着
歩程8時間 移動時間4時間 ニセコ「からまつ荘ヨーデル」泊
7/9日(金)宿4:30発==倶知安登山口5:10歩開→九合目10:00→お花畑11:00
昼飯→羊蹄山(1898m)→分岐13:40→下山真狩登山口16:05着 歩程9時間
7/10日(土)雨のため相談。支忽湖周辺の観光兼ねる。ビジターセンターで恵庭岳や支忽湖
周辺をビデオで観賞して、知識を深めて再度の登山の為に!
一便早目新千歳14;45発==羽田着14:20無事帰京できました。

 
7日の増毛の宿から日本海の夕日         8日ガスってる朝登山口暑寒荘
 
薮蚊の多さにビックリ                 防衛に蚊に刺されないように・・・・・
   
ハクサンチドリ        マシケレイジンソウ   サンカイヨウの実    マシケオトギリ


チシマギキョウ(岩ギキョウ)
   
イワギキョウ          マシケゲンゲ      ミヤマオグルマ     エゾツツジ


花畑の中、思わずポーズ!

良い笑顔で・・・・・
 
シナノキンバイ                     雪渓の手前に咲く花々

7/9日  羊蹄山

岩ブクロが溶岩の中で群生・・・・九合目からは天空の花園が続く。
   
イワブクロ            シラネアオイ      コケモモ               イワヒゲ  

一人の若者は?自分からはいりました。ヽ(^o^)丿
 
火口の周り                          分岐から歩いた稜線はボコボコの岩歩き

真狩に下山。9時間強の歩程でした。

7/10日 雨で恵庭岳は断念!支忽湖週辺と花牧場などの観光に変更、疲れを癒しました。
 
ビジターセンターでビデオ鑑賞で・・・・        恵庭岳と支忽湖をバックに~

水耕栽培のトマト、ぶどう?梨?の様な不思議・・・・シロップ漬けは美味でした。
北海道の山は熊や薮蚊がいて、少しびっくり何事もスケールが違う気がしました。 RN記  

これまでのコメント

  1. masako :

    暑寒別岳・羊蹄山、共に天候に恵まれ、山頂付近はスケール大きく、沢山の花が咲き誇り、登りの苦しさ、下山の長さを忘れさせてくれました。
    今年は、雪渓も少なく、暑寒別の箸別コースで3ケ所ありました。先頭は熊に遭遇し!熊も驚いて、もの凄い物音を立てて、笹薮に逃げ去りましたが、その後は鈴、笛はもちろん、皆で大声でソーラン節を唄う等して、心なしか下山のスピードも早かった様です(笑)
     神秘的な支笏湖から、対岸の爆裂口ある恵庭岳を眺め、次に樽前山・風布死岳を眺め、
    来年は、また此の時期に挑戦したいと思いました。    お疲れ様でした。  МO

この記事にコメントする


東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

740人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン