2024.06.22~26【津軽~男鹿半島】報告 山川美恵子 | 東京ハイキング協会

2024.06.22~26【津軽~男鹿半島】報告 山川美恵子




鶴の舞橋公園
2024年6月22日(土)~26日(水) レベル:一般向
担当L    :山川美恵子
協力者    :山川和雄
現地協力者:芳森佳子(写真撮影)
参加L       :松木千恵子
投稿者    :加山信男
参加者    :21名(男性4名・女性17名)
コース     :
6月22日(土) 天候:晴
新青森駅=浪岡駅=梵珠山自然ふれあいセンター11:00-陸奥湾展望所11:30ー12:06  寺屋敷平(昼食)12:30-梵珠山山頂12:40-釈迦堂山ーサワグルミの道下山13:45=
浪岡駅=弘前駅=弘前城ー小堀旅館(泊)
6月23日(日) 天候:晴
弘前駅=陸奥鶴田駅 鶴の舞橋=五所川原駅 五所川原立倭武多の館 五所川原温泉ホテル
(泊)
6月24日(月) 天候:雨
五所川原駅五能線=ウエスパ椿山 奥十二湖巡り=不老不死温泉(泊)
6月25日(火) 天候:雨
ウエスパ椿山=羽立駅=真山登山口 昼食後12:10-真山神社奥宮、降雨により戻る13:05
ー真山神社14:20ー男鹿半島なまはげ館=男鹿ホテル(泊)
6月26日(水) 天候:晴
男鹿駅=秋田駅

梵珠山に向けてマンガン登山口からスタート

梵珠山山頂

寺屋敷平(昼食)                   梵珠七観音

ナワシロイチゴ                    マーガレット

ヤブヘビイチゴ        ミズ

サルナシ    ブナの木も人間もみんな一生懸命生きているんです、、、それなりに

ウマ(ウシ?)のミツバ    ウリノキ

今夜のお宿 弘前城下町老舗小堀旅館      弘前駅にて

・                             車窓からの岩木山

・                             鶴の舞橋公園

ニワトコ                         鶴の舞橋公園


タンチョウ

五所川原レトロな駅舎                五所川原ねぶた館

五所川原ねぶた館にて(現在青森県には数十にも及ぶ ねぶたが伝わっているが、中でも「青森ねぶた」「弘前ねぶた」は国の重要無形文化財に指定されている。)

・                             小雨の中十二湖散策出発


今日は濁った青池晴れた日なら右のように見えるとのこと


クルミ                          マタタビ

トチバニンジン                     ツチアケビ

十二湖と名付けられたが本当は33個の湖沼がある   イトウの養殖場

イトウ                 十二湖散策を終えいよいよお楽しみの不老ふ死温泉に出発


「ここで養生すれば老いたり弱ったりしない」ということに由来したネーミングで、日本海の大海原を眺めながら、波打ち際の源泉かけ流しの露天風呂。全員ゆっくり浸かって、ますます若返って元気に!最高の贅沢なひとときでした。

不老ふ死にサヨナラして再び一両編成の五能線乗車です。貸切?いえいえ、でも私達だけの五能線でした。


東能代駅にてリゾート白神三兄弟         追分駅からナマハゲライン乗車です

真山(しんざん)登る前に神社前で腹拵えです

モリアオガエルの産卵

真山神社(半年間の穢れを祓い、無病息災を祈って茅の輪くぐりをしてから登山開始


ちょうど半分の地点です               イワガラミ


ナマハゲの里男鹿に向けて出発


溶結凝灰岩を使った男鹿の石焼料理の実演見学。魚や野菜を入れて夕食の味噌汁を頂きました





楽しかった5日間、笑顔のご当地顔ハメ写真で締めくくりです。お疲れ様でした。
山川Lコメント:
「6/22日(土) 自然の豊かさが魅力の梵珠山(468m)は平安時代からの津軽地方の仏教信教の中心地。立派なブナや4月~5月にかけては多彩な花の開く山としても知られています。この日は花博士のもと草木の花や実についてお勉強をしながらの歩きとなりました。
6/23日(日) 岩木山登山は出発時間変更とシャトルバスの運行中止が重なり、期待されていた方には申し訳ありませんでしたが予定を観光に切り替えました。JRのキャンペーンで有名な鶴の舞橋と五所川原立佞武多館は見応え充 分でした。
6/24日(月) 五能線に乗って奥十二湖巡りです。雨気味のため湖の色はいまいち淋しく、でもみんなはいつもと変わらず元気でした。今夜の泊りは不老不死温泉。みんなと一緒にスマホに収まる看板はいつ見ても貫禄あり!
6/25日(火) なまはげが住むといわれる神秘の「お山」、真山、本山、毛無山を合わせて男鹿三山。本山までを予定していましたが降雨で早目に切り上げてなまはげ館へ。期待以上の異質の世界を楽しんだ後は、なまはげの藁を有り難く頂いて、微妙に満足しました。
今年のジパング大人パスの山旅は山の変更と、JRの利用を優先するため【乗り鉄】旅のようになってしまいました。元々ゆるいイメージで造ったコースですが、歩ける方ばかりの参加要望で恐縮。
皆様のいつも通りのご協力に感謝致します。」

 

 

 

 

 

 

 

これまでのコメント

  1. 岡本 房子 :

    5日間の休日倶楽部パス旅は楽しく思いで深い旅になりました。
    バスが町のイベントの為運行中止に成ったりのアクシデントは有りましたものの代わる観光鶴の舞もガイド付きで観光出来たりで満足な日でした。沢山の電車を乗り継いで未知の観光地を巡れた事良かったです。
    一度は行って見たかった五能線の旅海岸線を走り不老ふ死温泉へ…。
    変化に富んだ計画!リーダーは交通機関&宿の手配等大変なご苦労だった事と思います。
    楽しい楽しい旅でした。ありがとうございました 

この記事にコメントする


東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

752人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン