2023.12.24【松茸山】報告 山川美恵子 | 東京ハイキング協会

2023.12.24【松茸山】報告 山川美恵子




松茸山登山口
2023年12月24日(日) 天候:晴れ レベル:一般向強
担当L  :山川美恵子
協力者  :山川和雄・小川順一郎
投稿者  :加山信男
参加者  :27名(男性5名・女性22名)
コース  :正丸駅9:15-雨乞山10:28-11:02松茸山11:07ー11:40(昼食)12:10ー
旧正丸峠12:26-12:42川越山12:48-12:56正丸山13:02-正丸峠13:30-
14:20正丸駅
・            実歩程時間:4時間

正丸駅 山川L挨拶

・                             林道の擁壁

・                             雨乞山山頂

松茸山遠望                       こちらにも雨乞山山頂?標識あり


松茸山山頂

松茸山山頂

・                             旧正丸峠

川越山山頂

川越山山頂

コースルート図
山川Lコメント:
「昔は松茸が採れたことから名が付いたという松茸山。今回で4度目の山となるが記録された軌跡は、無駄のないキレイな線で見ていて嬉しい。準備した補助員の出番もなくみんな、慎重にしつつ頑張りました! 嬉しかったことをもう一つ。松茸山の手前で鹿柵に絡んでもがく子鹿に遭遇し、助けるべく二人の男性が
奮闘の結果、鹿は自由の身になり、みんなもホッコリの場面でした。悲惨な鹿を見つつ頑張ったお二方にいいことがありますように。じっと待って喜んでくれた他の方々にもいいことがありますように。
皆さま今年も山へのお付き合いありがとうございました。」

 


これまでのコメント

  1. 岩井 寿夫 :

    正丸駅をスタ-トして多くのハイカ-を正丸峠まで運んだバス道は寂れて車の往来は少ない擁壁階段に取り付き乱れた踏み後を拾って、520m圏雨乞山を踏む次の520m圏にも雨乞山のプレ-トがあるのは山名板設置マニアのお仕事でした。ものがたり奥武蔵(神山 弘著)伊豆が岳付近の地図で松茸山を知る。1:25000地形図に山名がない不遇の山に光が差し始めたのは2015年版登山詳細図から、直下の岩屑斜面は進路が難しく下りも緊張を強いられた。一人歩きのドキドキ感も良しLが安全確認したルートを余裕で歩けた2度目の松茸山も又良しでした。

この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

692人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン