2022.07.23日(土)【奥多摩:つづら岩】報告 佐々木 保 | 東京ハイキング協会

2022.07.23日(土)【奥多摩:つづら岩】報告 佐々木 保



▼2022年7月23日(土)
▼天気:晴れ
▼レベル: 一般向強
▼担当L:佐々木 保
▼SL:樋口光雄
▼協力者:池田典子
▼参加L:荻島二郎、佐藤 仁
▼参加者:28名(男9名女19名)。
▼行動時間:約4時間10分
▼コース:武蔵五日市駅=千足バス停8時55分~9時10分→ゲート9時20分→天狗ノ滝10時10分→綾滝10時35分~45分→つづら岩下部(昼食)12時10分~40分→茅倉分岐13時35分→とうげん橋バス停15時30分


「千足バス停」下車、進行方向に進み右側の林道に入る


林道終点


直ぐに、大きな岩の出現


沢沿いの道は慎重に


「天狗滝」が見えてきた

この、大きな岩を越えて下に降りると「滝ツボ」だ

「天狗の滝」とヤマユリ

またまた、急な登り

「綾滝」が近い。大きな台風の影響か荒れています

大きな木がゴロゴロ。


「綾滝」は荒れることなく昔のたたずまい・・・?


まだまだ続く急登に思わず見上げてしまう

「つづら岩」は真上だ

昼食後の「鶴脚山」への稜線。

「ヤマユリ」が迎えてくれた。「千足バス停」「とうげん橋バス停」の分岐を経て「とうげん橋」バス停へ下山。

活動データ:距離 6Km
・リーダーコメント
林道に入ってゲートを過ぎ、山道に入ると急傾斜と蒸し暑さと大小の岩の道に体調不良者が出た。一人は滝に出会う前に寝不足もあって早々に下山(参加リーダー二人が付き添う)。一人は「足のツリ」も最後まで歩いた。又、つづら岩下で昼食を終えて立ち上がった際に足のツリを感じるなど蒸し暑さと急登が体調不良等の条件・・・?が重なり夫々辛い思いをされた。バス時間の関係で「鶴脚山」はカット。参加Lや協力者、山行をリードしたSLやこれらを理解して頂いた参加者の皆様に感謝いたします。幸いに、本班はバス時間に間に合い、別班はタクシーでそれぞれ武蔵五日市駅に到着した。改めて、幸いにも怪我もなく終えられたのは、参加頂いた皆様やフォローして頂いた方々のお陰と感謝です。ありがとうございました。佐々木 保

 


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

557人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン