2022.7.9【浅間嶺】報告 荻島二郎 | 東京ハイキング協会

2022.7.9【浅間嶺】報告 荻島二郎




木に開けられた穴を覗いてみると・・・大岳山がくっきりと、現れます。手で、紹介してくださっているのは、リーダーのSさんです。

日時 : 2022年7月9日:(土) ▼     : 曇り時々晴れ レベル3 : 一般向
担当  : 荻島二郎
▼SL : 星 富士夫
▼参加L : 矢澤省三 ・ 佐藤 仁 ・ 須賀光夫
▼協力者 : 木村博子(投稿)
参加者 : 24名(男性9名、女性15名)
▼行動時間 : 約4時間30分(休憩時間含)
コース : 浅間尾根登山口10:00→数馬分岐10:50→猿石11:00→一本松11:15→人里峠11:50→浅間嶺12:00(~昼食12:40)→時坂峠13:00→払沢の滝入口バス停14:30(解散)


リーダーの挨拶の後、浅間尾根登山口から出発です。


標高が、700mぐらいの地点なので、今の時期に、紫陽花が綺麗に咲いていました。


登山道を登っていきます。


休憩時間には、話が弾みます。


イチヤクソウが、ひっそりと、可憐に咲いていました。


猿石・・・説明文が書かれているようでしたが、長い年月を経ているようで、ほとんど消えていて読めませんでした。


こちら側から猿石を眺めると、猿のようにみえたりします。

 


向かって左側には、御前山、右側には、大岳山が観えます。


皆さん、暑さに負けず、お元気です。


少し、雲がありましたが、大岳山が、はっきり観えました。


こちらの木に開けられた穴を覗いてみると、御前山がくっきりと、観えます。


雄大な眺めを観ていると、疲れが飛んでいきます。苦労して登って良かった、と思える瞬間です。


最後の下りですが、暑いので、水分、塩分の補給が必要です。


払沢の滝入口バス停にて、解散。

リーダーコメント
雨の心配もない天候になり、、数馬の集落から登山道に入り、最初はきつい急坂を登り、1時間程で数馬分岐に到着。ここからは、平坦な長い尾根道が続き、途中休憩をとりながら、浅間嶺手前のピークを登りきりました。浅間嶺休憩所で昼食後、見晴台で集合写真を撮り、その後、長い時坂古道コースを下り、予定時間より早めに、払沢の滝バス停に下山できました。リーダー、サブリーダー、協力者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

 

 

 


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

568人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン