2022.5.7【節刀ヶ岳~十二ヶ岳】報告 荻島二郎 | 東京ハイキング協会

2022.5.7【節刀ヶ岳~十二ヶ岳】報告 荻島二郎




十二が岳に向かう岩場。皆さん、躊躇することなく、三点支持を守りながら、登っていきます。
日時2022年5月7日:(土) ▼      :晴れ レベル5:やや健脚向き
担当  :荻島二郎
▼SL :星富士夫、下倉章治

▼協力者 :木村博子(投稿)
参加者:16名(男性4名、女性12名)
▼行動時間:約7時間10分(休憩時間含)
コース :大石峠登山口9:30→大石峠10:40→金堀山11:10→節刀ヶ岳11:50(~昼食12:10)→金山12:30→十二ヶ岳13:30→毛無山15:45→毛無山登山口16:40(解散)


大石峠登山口でのリーダー挨拶


大石峠に向かって、出発です。

 

 
ヒトリシズカ

 
フデリンドウ


山梨百名山の節刀ヶ岳に到着。


眼下に西湖、遠くには、山中湖も観えました。湖が大好きなので、幸せいっぱいです。


節刀ヶ岳の頂上で、昼食。


皆さん、元気いっぱい、笑顔が素晴らしいです。


美しいコバルトブルーの西湖。その神秘的なたたずまいから、「乙女の湖」と呼ばれているそうです。


金山。鬼ヶ岳方面と十二ヶ岳方面の分岐。見落とさないようにしましょう。


十二ヶ岳に向かう岩場。岩場の経験があまり無いので緊張の連続でしたが、先輩方の指導を受け、無事に登ることができました。

 


湖を観ながらの山歩きは、最高です。


今日、二つ目の山梨百名山、十二ヶ岳です。


十二ヶ岳を下ったところにある吊り橋を渡るTさん。さすが、人生の大先輩です。揺れる橋の上でも余裕です。


苦労した甲斐があって、無事、十一ヶ岳に到着。


岩場に咲く可憐な花。見惚れてしまいます。


注意していたのですが、十ヶ岳を見逃しました。


眼下に広がる絶景に見惚れていて、反対側にあった四ヶ岳の標識を見落とし、あわてて、引き返しました。


四ヶ岳から三ヶ岳に向かう道。


小さなアップダウンを繰り返しながら、毛無山に向かいます。


ようやく、二ヶ岳です。


最後の一ヶ岳を見落とさないように、周りを見ながら歩きます。開けた場所に、一ヶ岳を発見。


ついに、毛無山に到着。あとは、下りのみ。安堵感が広がります。眼下には、河口湖、西湖が広がっています。


新緑のトンネルの中、急斜面を降りていきます。山を歩くには、ちょうど良い季節です。


毛無山登山口にて、解散。

リーダーコメント
雨を心配したのですが、穏やかな山行日和となりました。河口湖駅から予約したタクシーに分乗して大石峠登山口へ。登山口から、60曲がりのコースを登り、大石峠に到着。休憩後、アップダウンを繰り返し、節刀ヶ岳に着き、昼食。昼食後、十二ヶ岳を目指す。山頂直下、急な岩場にロープがあり、悪戦苦闘し、男性が手助けして、全員が登る。十二ヶ岳からの下りは、ロープ、鎖あり、また、吊り橋を渡り、十一ヶ岳に到着。一ヶ岳まで各ピークを越え、毛無山に到着。ここから、下山開始。途中タクシーを手配し、毛無山登山口で解散。参加者全員が難コースを歩けたことに、感謝です。ありがとうございました。

 

 

 

 

 


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

550人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン