2022.01.04【川崎七福神】報告 大倉昌子 | 東京ハイキング協会

2022.01.04【川崎七福神】報告 大倉昌子



日時:2022年1月4日(火) 天気:晴 レベル②:ウオーキング2

◇担当L:大倉昌子
◇参加L:中嶋要一、松木千恵子
◇協力者:佐野妙子、池田正義
◇投稿者:
鈴木榮男
◇参加者:26名(男性9名、女性17名、)
◇所要時間:5時間25分(休憩時間等含む)
◇歩行距離:12.8km

<コース>

元住吉駅9:.08→大楽寺9:36→無量寺11:00→大楽院11:40→西明寺12:10→等々力緑地(昼食)13:15→東樹院13:28→宝蔵寺13:56→14:08安養寺→
→14:31武蔵新城駅

<コース軌跡>


コース全体図

スタート地点武蔵小杉~大楽寺~無量寺~大楽院まで

大楽院~西明寺~東樹院多聞寺~宝蔵寺~安養寺~武蔵新城駅

ここが川崎七福神の出発駅です。ドイツのブレーメン市と友好提携しているブレーメン通りがあります。

<大楽寺>


近くには、尻手黒川線綱島街道があります。.

一番目の大楽寺です。

布袋尊の福々しい容貌と太鼓腹。

三重塔。観音像が鎮座しています。

広大な某自動車工場跡地の向こうに富士山が見えました。高架橋は東海道新幹線です。

前方に武蔵小杉のタワーマンション群が見えます。
 
無量寺近くの神社です。中丸子神明大神。由緒ある神社です。

<長寿院・無量寺>



長寿院無量寺です。大楽寺より1時間半掛かりました。

寿老人が鎮座しておりました。

門に大黒天が鎮座しておりました。?その先に寿老人が、鎮座していました。

無量寺の前、道路下の公園敷地内に碑が建っていました。上図については右記ホームページ参照しして下さい。有吉堤 (sakura.ne.jp)

1914年、氾濫を繰り返していた多摩川の築堤工事を求め、集団行動が禁じられていた状況下で住民らが県庁へ直訴した「アミガサ事件」。その訴えを受け、自らの処分を顧みず「有吉堤」を築いた当時の有吉忠一知事・・・・・
 
日枝神社です。人が大勢いました。猿もマスクをしていました。

<大楽院>


鳳王殿と本殿


恵比寿堂と堂内の恵比須様です。

 

<西明寺>


参道。ここは徳川将軍の御殿跡です。武蔵小杉には、御殿町、陣屋町などの地名が残っています。

   
仁王像です。


仁王門です。


本堂です。

 
石像と堂内の大黒様です。


等々力緑地に着きました。ここで昼食です。前の池は等々力フィッシングセンターです。
後方に見えるのは等々力競技場です。かっては、ベルディの本拠地にもなりました。現在はフロンターレのホームスタジアムになっています。全国高校サッカー選手権が行われていました。

<東樹院・多聞寺>


本堂です。


山門です。


堂内と外の毘沙門天

烏天狗がいた。
 

<宝蔵寺>


宝蔵寺の山門と本堂。

 
弁財天です。石と木像

<安養寺>


ユニークな本堂だ。


中国の高僧の風情がある。

 

<リーダーコメント>

 暖かい日差しの中、寺社の間が長く、次のお寺まで1時間30分も所要する区間もあり結構大変でしたが、無事に歩けてホッとしています。
今年もよろしくお願いします。

大倉昌子


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

557人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン