東京ハイキング協会 » 2010.04.29 【乙女峠・金時山・足柄峠・新道・駿河小山駅】報告

2010.04.29 【乙女峠・金時山・足柄峠・新道・駿河小山駅】報告



実施日:平成22年4月29日(祝)
天候:曇りのち雨、晴れ
報告者:大木 建次
協力者:萩原 勝哉
参加者:14名 (男9名・女5名)
※御殿場駅でバスを待っている間に、前線の通過に伴い風雨強くなり、6人が参加辞退

【コース時間】
御殿場駅箱根湯本駅行き10:05→10:25乙女峠11:00→金時山(昼食)13:00→猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)14:00→足柄峠・万葉公園バス停留所15:30→万葉公園頂上15:45→新道→大沢林道(遊女の滝経由)→17:30駿河小山
網掛け部分は天候、参加者同列歩行維持のため、待機・調整時間等です。
標準歩程時間は、乙女峠→(1時間30分)金時山→(1時間30分)足柄峠→(15分)万葉公園頂上→(1時間45分)駿河小山駅

【コース概況】
乙女峠バス停で下車後、茶屋で前線の通過を願い、登山口を30分遅れて出発。雨は殆ど止み、ガスのみに。乙女峠では関係者によると日曜日には雪が降り、山桜はまだ咲かず、芽吹き等が半月ほど遅れとの事。
金時山では、雨は降っていないものの、ガスと風が強く茶屋休憩が殆ど。下山後、猪鼻砦跡の見晴しポイントでは、裾野部分の富士山が見え始める。足柄峠では、正面に富士山、左に金時山がくっきりと。
万葉公園頂上からの新道は、昔の山道を小山町が木や箱根笹を伐採し、再開した道。正面に木越しに富士山、足元は落ち葉でふわふわ、林道に到着近くの沢では天然の山葵が散見されるなど、新たな感動。その後は、渓谷沿いの林道を歩き、新芽の柔らかな色合いを楽しむ。棚田、茶畑等がある集落を超えると駿河小山駅は近い。

天気の変化に驚きと踏み跡が少ない新たな道を春の息吹を満喫して歩く、楽しさを感じた1日でした。


ガスで視界が悪い乙女峠


ガスと強風の金時山


猪鼻砦跡の見晴しポイントからは、裾野が見え始める。


林道にて


下山後の金時山


夕焼けの富士山

【リーダーコメント】
参加の皆様、ご協力ありがとうございました。
今回のコースは、静岡県小山町が「富士箱根トレイル=静岡県、神奈川県、静岡県の県境の富士山5合目から西丹沢の三国山稜・湯船山・不老山、足柄山系の金時山までを縦走する総延長43km」を最近提唱しているコースの一部です。1月には不老山を実施。8月下旬には、明神峠から三国山・立山・須走りのコースを計画しています。

【写真参照】

富士・箱根トレイル全容


4月29日歩行コース

なお、このトレイルの開設に伴い、4月から10月までの土休日・祝日に駿河小山駅9時発、明神峠行きのバスが新たに運行されています。


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

220人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up