東京ハイキング協会 » 2011.02.05 【二ノ宮吾妻山(菜の花)・曽我梅林】報告

2011.02.05 【二ノ宮吾妻山(菜の花)・曽我梅林】報告



実施日:平成23年2月5日(土) 天候 晴れ 一般向け
報告者:大木 建次
協力者:萩原 勝哉 
参加者:30名 (男7名 女23名)

コース時間: 二宮駅9:25→町役場横→10:00吾妻山→梅沢口→二宮駅10:33→10:38国府駅→10:45光明寺→上ノ山農道→11:30西山農道休憩所(昼食)12:00→五国峠碑→上町トンネル上→13:00六本松跡→二宮尊徳遺髪塚→別所梅林14:00→城前寺→14:30下曽我駅15:00電車 

コース概況 
吾妻山には、二宮駅の駅前にある観光協会脇の道(写真)に入り、町役場横の階段から登り始める。階段は300段ほどある。途中休憩し、スイセン(写真)の匂いを浴びながら歩き、ローラー滑り台が見えると頂上は近い。山頂では、菜の花が満開(写真)。春霞で富士山(写真)・箱根・丹沢等の山並はぼんやりと。帰りは吾妻神社を経て梅沢口に降り二宮駅に。

二宮駅からは国府津駅まで電車で。国府津駅からは線路沿いを5分程歩き、東海道線の下を通り御殿場線1号踏み切りを横断すると、光明寺の石塔横に道標(写真)がある。すぐにみかん山である。鳥の鳴き声を聞きながら道標に沿って歩いていくと、見晴らしが良くなり、農家のみかん直売所がある。そこから程なく歩くと車道に突き当たり、右折して登ると、西山農道の休憩所(写真)である。そこには早咲きのサクラがあり、山・海と足柄平野・小田原の市街地などが一望できる。

そこからは、みかん山特有の坂道を繰り返し道標(写真)に沿って、1時間ほど歩くと峠である六本松跡(写真)に着く。ここから急坂の農道を降り、農家の梅林(写真)を見ながら下っていくと国府津と松田を結ぶ県道に。県道を渡ると別所梅林の梅祭り会場(写真)である。木の種類により開花状況(写真)が違っている。次に曽我兄弟の墓(写真)がある城前寺(写真)・宗我神社経由で下曽我駅に。


二ノ宮駅前 吾妻山登り口


吾妻山へ登山道のスイセン


遠くにかすむ富士山


吾妻山頂上での記念写真


曽我丘陵への登り口 


西山農道休憩所


道標


六本松跡


農家の梅は満開


曽我梅林の案内板


しだれ梅


城前寺


城前寺境内にある曽我兄弟の墓

リーダーコメント
 今回のコースは、昨年も同時期に企画しましたが、歩くコースは変えています。今年の曽我梅林の開花は早く、松田山の早咲きサクラは遅い感じです。

春霞で、吾妻山山頂から富士山はかすかに見えるような状態で、国府津駅に着いた時点では、全く見えず残念でした。曽我の梅は、観賞用の紅梅は少なく、用途が梅干用で本数が多いのが特徴です。途中、農家から格安のみかんを譲っていただくなど、実りのある1日でした。 ご参加ありがとうございました。

次回は標高日登山の2月分として、2月21日に渋沢丘陵浅間台(標高221m)に向けて、鶴巻温泉駅から吾妻山・弘法山・秦野駅などを経て踏破します。


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

371人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン