東京ハイキング協会 » 2020.1.11【川越街道No.4】報告 保倉惠美子

2020.1.11【川越街道No.4】報告 保倉惠美子



2020年1月11日(土曜日) レベル:ウオーキング② 天気:曇のち晴れ
担当リーダー:保倉惠美子(投稿者)
協力リーダー:辰巳哲夫(写真)
協力者:猪瀬幸子 池田正義
参加リーダー:會田政子
参加者49名(男性13名 女性36名)
コース JR新座駅10時集合 歩行開始10:10→鬼鹿毛の馬頭観音10:20→高地蔵(埋め墓)10:25→観音堂10:42→普光明寺10:50→英橋・柳瀬川→富士塚11:30→木宮稲荷神社12:10→藤久保の平地林12:20(昼食)12:30→広源寺13:25→松並木→下木戸跡14:20→弁天の森14:30→大井戸跡→徳性寺14:45→新井本陣跡15:00→上木戸跡→大井村役場15:10→ふじみ野駅15:30 解散


10:00 JR武蔵野線新座駅 集合 歩行開始10:10
新座の地名は758年新羅郡が設置され、927年新座郡と名称が転じたことが由来です。


10:20 鬼鹿毛の馬頭観音 この辺りから大和田宿になります。


馬頭観音の脇には芭蕉の句碑があります。「花は賤乃 眼にもみえけり 鬼薊(あざみ)」

 
鬼鹿毛の馬頭観音の伝説
「昔、秩父の小栗という人、江戸に急用があって、愛馬鬼鹿毛に乗り道を急ぎました。大和田宿に入ると、さすがの鬼鹿毛も疲れが見え、この場所にあった松の大木の根につまずき倒れました。しかし、さすがは名馬、ただちに起きあがり主人を目的地まで届けたといいます。所用を終えた主人が先ほど馬をとめたところまで戻ると、いるはずの鬼鹿毛の姿が見えません。不思議に思いましたが仕方なく家路を急ぎました。やがて、大和田の地にさしかかると、往路愛馬が倒れた場所に鬼鹿毛の亡きがらを見つけました。鬼鹿毛は主人の急を知り亡霊となって走り続けたのでした。村人は、のちに鬼鹿毛の霊を弔って馬頭観音を建てたといいます。これが「鬼鹿毛の伝説」です。(新座市観光協会HPより)


10:30 高地蔵と庚申塚
ここはこの地方で行われいた両墓制の埋め墓(土葬)がある墓所です。 昔、遺体を埋める埋め墓とお参りをする詣り墓がありました。昭和の初期まで行われていたとのことです。


六地蔵がお墓を見守っているかのように安置されていました。


10:45 観音堂 下宿と仲宿の堺にあります。鎌倉街道が横断しています。


観音堂前のお地蔵様 以前は大和田宿境界の柳瀬川のところに安置されていました。

 観音堂を右折して鎌倉街道を少し歩きます。椿やロウバイが満開でした。


10:50 普光明寺 先程の埋め墓に対してこちらには詣り墓があります。この普光明寺と、その周辺(大和田郷)は、すでに鎌倉幕府の支配下にある土地(国衙領)でした。本堂前にある地蔵堂には、源頼家が奉納したと伝える千体地蔵尊が納められています。これは、三十三年ごとに開帳の行われる秘仏です。

山門のデザインが素晴らしいです。

跡見学園脇に富士塚があります。かつてはかなり大きな富士塚だったらしいですが、県道を直線化するために削り取ってしまったらしいです。

 
ケヤキ並木が続きますが今は葉が落ちていました。満開のサザンカの中を歩きます。

1020 木宮稲荷神社

 
ご祭神は宇賀豊受比売命                  八坂神社と浅間神社も祀られています。

12201250 藤久保の平地林(緑のトラフト14号地) 昼食
川越藩主松平信綱(1639~1662)が川越街道を整備する際に開拓・植林され、現在まで落葉堆肥を使った循環型農法が行われてきたとのことです。

1325 広源寺


仁王像が睨みをきかせてお堂を見守っています。

お掃除中でした。

お願い観音様

七福神もいらっしゃいます

庚申塚があり、ここから松並木が続きます。快晴になりポカポカです。


1420 ここから大井宿です。

1430 弁天の森で休憩

旧大井町の名の由来となった井戸です。平安時代に掘られたもので、昭和50年頃に発掘されて復元されたそうです。

14:45 徳性寺 火事で何度か焼けていて、山門は川越南院(廃寺)、或いは川越城から移築されたもの。

15:00 新井本陣跡
川越が近いため本陣があっても宿泊はなかったそうです。 当時はかなり賑わった宿場だったようです。


旧大井村役場
1937年(昭和11年)に建築された、川越街道沿いの旧大井村の2階建ての役場庁舎で、平成14年2月に国の登録有形文化財に指定されました。

1530 東武東上線ふじみ野駅 解散

リーダーコメント
参加者の皆様お疲れ様でした。今回で旧川越街道6箇所の宿場をすべて訪ね終えられました。この日午前中はどんよりとした曇り空でしたが、午後からは青空が広がり素晴らしい天気になりました。今までの中で一番長い距離でしたが、元気に楽しく歩けたことに感謝いたします。

保倉惠美子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

274人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up