2023.11.05~07【六甲山半縦走と赤目四十八滝】報告: 佐々木 保 | 東京ハイキング協会

2023.11.05~07【六甲山半縦走と赤目四十八滝】報告: 佐々木 保




六甲山縦走路最高地点。
▼2023年11月05日(日)~07日(火)
▼天気:5日:晴れ、6日:曇り後小雨、7日:晴れ                ▼レベル: 一般向強
▼担当L:佐々木 保
▼協力者:池田典子
▼現地協力者:清水十三男
▼参加者:24名(男:3名、女:21名)
▼歩程:
1日目:歩程:約3時間10分
掬星台12時30分→摩耶山→杣谷峠→六甲ガーデンテラス→六甲有馬ロープウェイ=宿15時40分(泊)
2日目:歩程:約6時間
六甲有馬リープウェーイ六甲山頂駅9時50分→後鉢巻山→水無山→船坂峠→大平山→岩倉山→宝塚駅15時50分。
3日目:歩程約2時間50分
日本サンショウウオセンター10時30分→荷担滝手前→日本サンショウウオセンター13時20分

1日目:11月5日(日)
 
掬星台広場。正面はロープウェイ終点駅。  摩耶山山頂の鳥居。

摩耶山山頂?山頂といえば山頂。
 
歩行開始

山歩きは終わったのか一般道路に


上り下りは全て階段。やがて舗装された一般道路を歩き「六甲ガーデンテラス」を経て「六甲有馬ロープウェイ」で今夜の宿・有馬温泉へ
2日目:11月6日(月)
朝一番のロープウェイで上り返す
 
山頂駅と六甲ガーデンテラス

六甲ガーデンテラス から直ぐに縦走路の入口。

神戸の海から大阪湾を見渡せる日もあるそうです

鉄塔の峰が「六甲山最高峰」

六甲山の紅葉は終わったのか

最高峰の入口 まだまだ目的地は遠い

何度も繰り返すアップダウン

紅葉らしさを味わえて

最高峰に到達

最高峰から縦走路にもどり。宝塚駅へ。途中に雨が振り出し写真も思うようには撮れなかった

笹の道を抜けて

今回初めての石がゴロゴロ

アップダウンが多く疲れもそろそろピークに

下山。岩倉山を経て塩尾寺に登山口。舗装道路を歩いて宝塚駅が終点だ。
3日目:11月7日(火) 赤目四十八滝

渓谷美のなか大きな滝が見えてきた

滑らかな滝が


逆光の渓谷美・・?

渓谷くからバスで瀟洒な近鉄大阪線「赤目口駅」へ。そして新大阪駅へと帰路についた。
▼軌跡
 摩耶山~六甲有馬ロープウェイ山頂駅  7.9Km

六甲有馬ロープウェイ山頂駅~宝塚駅 15.7Km

赤目四十八滝 往復6.4Km
▼リーダーコメント
三日間の中日が小雨が降った。その他の日は落着いた静かな日々。コースは標識もしっかり付いていて安心して歩ける。ただし、初めてのロングコースは不安が抜けない歩きでした。時折みせる神戸港の眺めは疲れを癒してくれた。歩きに慣れてくると危険な場所もほとんどないためか安心感が広がり、歩きを楽しむことができるようになった。ただ、小雨は少々残念に思えた。楽しかった歩きを思い出すと残った山域をいつか歩きたくなってきた。怪我もなく歩けたことに協力者、参加者に感謝です。ありがとうございました。
佐々木 保

この記事にコメントする


東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

732人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン