2022.6.11 【塔ノ岳~表尾根~岳ノ台】報告 加藤正彦 | 東京ハイキング協会

2022.6.11 【塔ノ岳~表尾根~岳ノ台】報告  加藤正彦



塔ノ岳山頂は雲の中で 真っ白でした

2022年 6月11日(土)  天気:曇り 一時 雨  レベル: 6 健脚向け
担当L: 加藤正彦
参加L: 須賀光夫(投稿)
参加者: 5名(男性: 2名 女性: 3名)

コース:大倉バス停  8:30歩行開始  → 大倉尾根 → 塔ノ岳 昼食 11:50 – 12:30 → 表尾根 →
二ノ塔 14:35 → 岳ノ台 15:40 → ヤビツ峠 16:15 → 蓑毛バス停 解散
17:15
歩行時間 8時間45分(休憩時間込み)

梅雨の時期らしいのですが、ハイキングにとってはあいにくの空模様のため、大倉行のバスはガラガラでした
大倉バス停で準備体操・リーダーの挨拶の後スタート
大倉尾根を適宜休憩をいれながらひたすら登ります
ずっとモヤの中でしたので眺望はありませんでした
こんな天気ですが、さすが人気コース 若い人を中心にたくさんの人たちが歩いていました
塔ノ岳山頂 こちらで昼食です
登るときは汗をかくくらい暑かったのですが、山頂は風もあり寒かったです
気温は12℃でした
食事をしているととうとう雨が降ってきました
しかもどんどん強く
参加者、雨具装着です
昼食後、表尾根を歩きます
おかげさまで雨はすぐにやみ新大日でカッパを脱ぎました
鎖場などのアップダウンをしのいで表尾根を歩きます
雨が降った後なので滑りやすかった
慎重に登り、下りました
まだヤマツツジがきれいに咲いていました
晴れていれば眺望の良いコースですが、この日は真っ白でした
二ノ塔から菩提峠に下ります
ここから蓑毛までは、一人のハイカーにも会いませんでした
静かなハイキングコースでした
菩提峠から登って・・・ 下って・・・ さらに登ります
ここまで登るの? と思うくらい登りました
オカメノキ きれいにたくさん咲いていました
いやされます
やっと岳ノ台に着きました
ここからはなだらかな道を歩いてヤビツ峠
ヤビツ峠にはバスはありましたが・・・・
ここではバスに乗らず蓑毛まで歩きました
雨が降ったあとだからか、緑がきれいでした
こちらに秦野名水がありました
そして蓑毛バス停でゴールしました
参加者五名 最後までまとまって元気に歩ききりました

【リーダーコメント】
諸々の理由で山行数が減っている原因で辛い山行でしたが、参加者の頑張りに励まされて予定通りの山行ができました
参加者皆様に感謝です
加藤正彦


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

545人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン