東京ハイキング協会 » 2014.07.06 【境川を下るNo4】 報告平山亨L

2014.07.06 【境川を下るNo4】 報告平山亨L



境川を下るNo4
平成26年7月6日(日)晴
リーダー:平山 亨
協力L:佐野俊一郎
協力:佐々木純子
参加L:中嶋要一・加藤栄一
参加者27名 男性11名 女性16名
コース:小田急江ノ島線・相鉄本線大和駅9:34→地下部上→仏導寺・深見神社→鹿島橋9:54→境橋(厚木街道)寶蔵寺→西福寺→左馬神社→第一公園~→新道大橋→宮久保橋(人道橋)→上和田一号橋→上和田二号橋(宮久保スポーツ公園)→相沢橋(相沢川合流)→下分橋→ふれあい橋→クローバー公園5昼食(11:30~12:05)→東海道新幹線境川橋架→緑橋(県営いちょう団地12:15)→新緑橋→無名橋→番境川橋→諏訪神社→高鎌橋(長後街道)→高飯橋→渡戸橋→白鷺橋→(13:22)相鉄いずみ野線→ 相鉄いずみ野線・小田急江ノ島線湘南台駅13:45

境川(さかいがわ)は、東京都および神奈川県を流れ相模湾に注ぐ河川。二級水系の本流である。川の名称はかつて武蔵国と相模国の国境とされた[注 1]ことに由来し、現在でも上流部(町田市最南部まで)は概ね東京都と神奈川県の都県境となっている。なお、かつては相模国高座郡に由来する高座川(たかくらがわ)とも呼ばれていた。また、最下流部から河口にかけては片瀬川(かたせがわ)とも呼ばれる。今日は東京都都から離れ横浜市と大和市の市境を流れる境川を下る。

140706_093517 140706_093753
相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅9:34         出発9:37

140706_093833 140706_094532
相鉄本線上

140706_094608 140706_095454
相鉄本線瀬谷方面                    鹿島橋下流9:54

140706_095507 140706_100034
鹿島橋上流の相鉄本線                 厚木街道40号線境橋上流河川改修工事

140706_100408 140706_100513
境橋から厚木街道大和市方面              厚木街道三ツ境方面
宝蔵寺は、秀恵比丘尼が不動庵を治暦2年(1066)開基、応永3年(1396)空元法印(正長元年1428年寂)が古義真言宗感応院の末寺として開山したといいます。慶安2年(1649)には徳川家光より寺領8石3斗の御朱印状を拝領したといいます。

140706_101235 140706_101309
寶蔵寺瀬谷八福神弁財天                 寶蔵寺本堂10:13

140706_102229 140706_102523
橋戸3の西福寺                        隣の左馬社

140706_102640 140706_102700
左馬社拝殿                         左馬社の戦争に翻弄された梵鐘
左馬社と梵鐘、その昔、境川流域の村々では、疫病が流行すると境川の東西に点在する神社をまわり、厄除けをする民俗信仰が盛んでした。(七サバ参り)当左馬社は、「七サバ神社」と呼ばれるうちの一つであり、祭神は左馬頭源義朝です。隣接の真言宗西福寺が、この左馬社の別当職であったので、当時の神仏混淆の姿が今日に残り、神社の境内にある吊鐘は区内唯一のもので、厄除け、虫除けに鐘をついて祈願したとのことです。梵鐘は江戸時代の文久元年(1861年)に鋳造されましたが、太平洋戦争の際供出したため、昭和32年(1957年)氏子の協力によって新たに現在の鐘がつくられました。(瀬谷区役所掲示より

140706_102921 140706_103720
村外れの地神・道祖神                   境川に戻る新道大橋上流10:37

140706_104659 140706_105656
新道大橋下流                        下流に宮久保橋

140706_110338 140706_110637
宮久保スポーツ公園トイレ休憩11:05             上和田二号橋うがんの河岸段丘

140706_111641 140706_111649
大和市と泉区を流れる相沢川合流            この小さな流れが市境となる

140706_112613 140706_112816
相沢川合流部から下流                    ふれあい橋11:28

140706_113008 140706_113146
クローバー公園昼食11:30~12:05

140706_120843 140706_121507
東海道・山陽新幹線橋架                 緑橋下流右渋谷中・左いちょう団地

140706_122313 140706_122715
左右両岸に立ち並ぶいちょう団地12:15         揚水ダム灌漑用新緑橋下流

140706_122313 140706_123736
灌漑用取水堰12:17下流の耕地を育てる       右岸鎮守の森諏訪神社12:37
藤沢市高倉諏訪神社他詳しく知りたい方はhttp://www.i-sagami.com/walking/vol.40/vol40.html

140706_124803 140706_125906
境川は広大の農地を育てる母なる川  右岸は藤沢大和自転車道

140706_124642 140706_124953
高鎌橋下流取水ダム この境川の水が両岸の台地を潤す

140706_125159 140706_125301
取水ダム下流       13:08

140706_124557 140706_130815
左右両岸の台地は農耕地                渡戸橋は板の橋です右岸に渡る

140706_130903 140706_130853
渡戸橋を渡る                       渡戸橋歩道は板橋先左岸は 障害者支援施設

140706_131705 140706_131424
上原公園葉桜の下

140706_131910 140706_131919
藤沢大和自転車道川下から                 市営地下鉄・相鉄いずみ野線高架橋

140706_132002 140706_132225
白鷺橋解散  13:22
相鉄いずみ野線・小田急江ノ島線湘南台駅13:45
解散後希望者は平塚の七夕祭りに案内する。七夕の様子は SHUN山行
http://www.tanabata-hiratsuka.com/参照
梅雨空でしたが雨に降られず、川風を受けながら完歩出来ました。参加者の皆さんお疲れ様でした。5回はここから始まります平山亨コメント。


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

378人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン