東京ハイキング協会 » 2012.11.20 【箱根小涌谷・浅間山・湯坂道】報告(大木)

2012.11.20 【箱根小涌谷・浅間山・湯坂道】報告(大木)



実施日:平成24年11月20日(火)  天候 晴れ レベル=一般
リーダー:大木 建次
協力者:萩原 勝哉
参加者:16名(男性5名 女性11名)

コース時間
 歩程 箱根登山線小涌谷駅10:10→蓬莱園10:35→10:40千条の滝→鷹の巣山方面→11:20小涌谷分岐→11:35浅間山(昼食)12:05→大平台分岐→もみじ道→檜林→石畳み→13:40湯坂城址跡→石畳み急な下り→14:00国道1号線湯坂道登山口→旭橋→14:10箱根湯本駅

歩行概況
小涌谷駅(写真)から線路沿いに戻り、国道1号線を渡り、商店の左側の急な坂道を登っていく。道は2つに別れ、左は千条の滝・湯坂道方面、右は蓬莱園・小涌谷バス停方面である。蓬莱園(写真)は、春はつつじ、秋は紅葉の名所である。蓬莱園左側の道を歩き、暫くすると千条の滝への表示がある。千条の滝(写真)は小さいが、幅が広く岩の間から千条の糸のように流れている。

小さな橋を渡り、直ぐに右は鷹の巣山方面、左は浅間山方面の道標がある。今日は鷹の巣山方面の川沿いの道を登っていく。檜の根が張った道を登って行くと、右に開けた見晴らし地(写真)がある。そこから程なく登ると、右が鷹の巣山方面と左が浅間山・湯本方面の湯坂道の小涌谷分岐(写真)である。防火帯の道を緩やかに登って行くと広場(写真)に出て、右に少し行った処が浅間山(写真)である。

 浅間山からは殆ど下りで、大平台への分岐(写真)を通り過ぎていくと、桜、カエデなど木が続き、秋の彩を楽しませてくれる。そして石畳み(写真)の下り道を過ぎて、湯坂山城址跡(写真)に着く。少し平坦な道が続くが、その後は再び石畳みで急な下り。暫くすると旅館街が見え、最後の厳しい下りが続き、湯坂道表示の登山口(写真)へ。ここから旭橋(写真)を渡れば箱根湯本駅は直ぐである。


箱根登山線小涌谷駅


蓬莱園に行くまでに、鮮やかなモミジの木


蓬莱園


千条の滝


分岐手前の見晴らし地 金時山が


湯坂道 小涌谷分岐


浅間山の頂上広場 


浅間山から駒ケ岳方面を


浅間山(標高804m)での記念写真


大平台分岐


晩秋の湯坂道


りんどうの花


標高590m付近の木々の彩り


陽に映えるモミジ


石畳みの道


湯坂山城址跡(275m)


湯坂路の大きな標柱


湯本旭橋付近の彩り

リーダーコメント
参加の皆様、お疲れ様でした。絶好のハイキング日和の中、晩秋の箱根を楽しむことが出来ました。
ありがとうございました。

来月からは富士山を山・自然歩道等を使い、周回する計画の最初として、12月1日に金時山への山行を催します。今日のような天気を期待したいところです。
以上


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

332人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up