東京ハイキング協会 » デジカメ情報(FinePix F600EXR)

デジカメ情報(FinePix F600EXR)



去年の皆既月食の際、もっと望遠機能が、、、と思いまたまたコンパクトデジタルカメラを購入してしまいましたので参考までにレビューしたいと思います。

今回購入したのは富士フィルムのFinePix F600EXRです。毎度の事ながら今日のデジタル製品の質の良さには驚かされます。価格は25,000円弱とちょっと(私にとっては)高価でしたが、お気軽な10,000円前後のものと比べても十分満足の一品です。

決めては「望遠」と「プレミアムEXR AUTO」でした。

「望遠」は光学15倍に加えて「超解像ズーム30倍」。従来のコンパクトカメラの苦手だった望遠撮影も早いピント合わせと「プレミアムEXR AUTO」という機能のお陰で屋外での撮影はしっかり綺麗に撮ることが出来ました。これには本当に驚きました。輪郭もくっきり表現できているので是非ヤマダ電機などの量販店で手にとって試してみて欲しいです。

「プレミアムEXR AUTO」とはカメラが勝手に状況に応じて最適画質を選択してくれる機能です。いまどきどんなデジカメにも搭載されている機能ですが、似て非なるものでした。どんな状況でもほとんどこの設定でOK。望遠だろうが、暗がりだろうが私が撮っても綺麗に撮影できました。この価格帯のデジカメはかなり優等生となっております。
デメリットは、電池の消耗が多いこと。丸一日の撮影の場合なら予備電池はあった方が安心です。

手に持った感じは見かけよりどっしりとした重量感でグリップも良好です。ちょっと高級感があります。



その他、「GPS」は、無くても良かったと思っていたのですが、折角付いているんだし使ってみようかな?と言った感じでした。しかし、地図上で撮影ポイントを表示してくれるし、移動ルートを作成してくたりとかなり活躍してくれます。繰り返しになりますがGPS機能をONにするとバッテリーを多く消費してしまいます。(参照:GPSでルート作成

動画撮影もハイビジョン対応で大きなテレビに出力しても綺麗に再生します。ここまでできるとビデオカメラを持ち歩くのが馬鹿らしくなるぐらいに思えます。最近はビデオカメラは押入れでホコリをかぶっています。

360パノラマ機能を使うと山頂での記録が益々面白くなりそうですがプリントアウトにはフジカラーのお店で行う必要があるようです。

360パノラマサンプル

機能が多くなった分、バッテリー容量の比率が弱い気がしました。試しに丸一日撮影しましたが残量がほぼない状態。但し、ポイント毎に撮影するのであれば、十分1日分はあると思います。今回も予備バッテリーを購入したのですが、10,000円クラスのデジカメと違って買い揃えたほうがいいと思います。

本製品は生産が終了していますがまだ市場には在庫があるようです。カラーバリエーションも4色あり、見かけた際には一度手にとって見て欲しいコンパクトカメラ。お勧めです。



この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

216人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン