東京ハイキング協会 » 2011.09.24 【9月標高月日登山 箱根早川渓谷・明星ヶ岳(924m)】報告

2011.09.24 【9月標高月日登山 箱根早川渓谷・明星ヶ岳(924m)】報告



実施日:平成23年9月24日(土)  天候 晴れときどき曇り
報告者:大木 建次
協力者:萩原 勝哉
参加者:16名(男性5名 女性11名)

コース時間
 歩程 箱根湯本駅9:05= 宮下バス停9:30→対星館→夢想橋→川久保発電所9:50→山道→林道→10:30明星ヶ岳入口→11]30大文字焼き地(昼食)12:15→明星ヶ岳12:35→防火帯尾根道→分岐→急な下り→14:30林道→14;45塔の峰分岐→塔の峰15:00→水之尾林道合流点15:35→双体仏→農道→16:00風祭駅

歩行概況
 宮下バス停を下車すると、対面に対星館のホテル案内’写真)があり、その前に早川渓谷・堂ヶ島温泉へ下る道がある。約標高100mをジグザグ下りきると堂ヶ島温泉である。旅館利用者専用のモノレールやロープウェイ(写真)がある。旅館を通り抜け、早川にかかる夢想橋を渡り、山道を登り渓谷)を下に見て上流へ向う。発電所を通り抜け取水口や早川に流れ込む滝(写真)が見えてくる。川沿いと山道への分岐があり、山道の急登な階段の道を登ると滝沿いとなり、そして緩やか道になると林道に出る。

林道を左に行き、直ぐの右の広い舗装道を歩きいていくと空き地がある。左に丸太の階段(写真)が見え、ここが明星ヶ岳への登り口である。道は急で暫くは電線に沿って登る。箱根(すず)竹が切れると大文字焼きの案内板(写真)がある。「大」の字の表示場所に入れる。ここからの眺望(写真)は見事。

 ここからヒノキ林を通り抜け、道が緩やかになると左が明神ヶ岳、右が明星ヶ岳の分岐(写真)に出る。ここから少し行った左側に隠れるように明神が岳の頂上(924m)がある。ここで標高月日登山の記念写真。ここからは下りで相模湾が正面に見ながら、防火帯の道を気持ちよく歩ける。途中には石仏(写真)。
ヒノキ林の急な道を登りきると道標(写真)がある。ここを右へ曲がると急な下り。以前に比べ整備されて、緩やかになると林道は近い。

林道(写真)を左に歩いていくと塔ガ峰への分岐(写真)がある。塔ガ峰の近くは、左側が最近伐採され、大山・丹沢が一望できる。塔ガ峰の分岐を、左の水の尾方面を歩き始める、台風15号の強風に伴い、大木が生々しく倒れて(写真)いる。倒木や枝を払いのけ30分ほど下りると林道に出て、水之尾の合流点である。ここからは民家が見え始め、台風での倒木(写真)が車道を塞いでいる。枝道を幾つか通り抜けていくと、道脇右に双体観音がある。その近くの農道を下り、左折すると風祭駅方面である。


対星舘の案内 ここはモノレールで 


大和屋はロープウェイで


早川渓谷に流れ込む滝


明星ヶ岳登山口


大文字焼きの案内板


左から双子山 駒ケ岳 神山


明神が岳 明星ヶ岳方面への分岐道標


明神ヶ岳(924m)での標高日(9月24日)登山の記念写真


尾根道左側の石仏


林道へ降りる手前の道標


林道入り口


林道から塔ガ峰への入り口


塔ガ峰 左は水之尾 右は阿弥陀寺に


15号台風により、生々しく折れた松の木


水之尾林道から塔ガ峰に入る道標


車道を塞いでいる倒木

リーダーコメント
3連休の中日は、雨の心配がない秋晴れでした。標高月日登山も9回目となりました。神奈川で900mを越す山は、箱根・丹沢が主となります。今日の明星ヶ岳は、金時山や明神ヶ岳に比べ、単独では計画の立案が難しい山です。そこで、早川渓谷と塔ガ峰から小田原風祭に降りる区間を付加しました。歩行距離はかなりありますが、いろいろ楽しめます。参加の皆様。お疲れ様でした。足並みも揃い感謝しています。
終点の風祭駅に直結している鈴廣のかまぼこの里で、かまぼこバー等でかまぼことグラス地ビールを頂くのも、楽しみと疲れをとるスポットとしてお勧めできます。以上


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

332人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up