東京ハイキング協会 » デジカメを持って行こう

デジカメを持って行こう



既にデジカメをハイキングの必須アイテムとして利用されている方が沢山います。

今やデジタルカメラ(デジカメ)は手軽に扱えて、1万円でお釣りのくるものまで出てきました。
操作も簡単になり、被写体に向けてシャッターをきるだけ。驚くほど綺麗に撮れます。

嗜好品であったころのカメラはコストがかかるため慎重に撮影。数日待って、現像された写真は真っ黒。こんな苦い経験された方も多いと思います。僕もその一人です。

今はデジカメで好きなだけ撮って、その場で確認。友達に写真をあげるのも、メールに添付してその日の内に送信出来る。しかもプリントアウトしないのであればコストは殆どタダ。本当に便利な世の中になったものだと痛感します。昭和を生きてきた自分にとって携帯電話とデジカメはまさに夢のアイテムです。

でも、パソコンを持っていない、機械は苦手、という理由でデジカメの導入に踏み出せない人もいます。
そんな方のために街のプリント屋さんでは色々なサービスを提供してます。

【有名なプリントサービス店】
カメラのキタムラ 店舗検索
55ステーション 店舗検索

デジカメを持ち込んで、プリントアウトやデータのCDやDVDデータ化(有料です)など提供しております。パソコンを持っていなければデジカメは使えないってことはありません。

では、どんなデジカメがいいのか? 答え:何でもいいです。

いい加減に聞こえるかもしれませんが一度近くの量販店に行ってみましょう。ただ押すだけ、といったコンパクトで簡単なカメラが沢山あります。最初はエントリーモデルと呼ばれるものでいいんです。望遠、接写、防水等々、カメラによって特徴があるのですが、機能が増えると大きくなって、値段も上がります。

僕がハイキングに持っていく愛機は、接写が出来るペンタックスのOptio RZ10です。購入の決め手は1cm接写といつでも持ち歩けるコンパクトサイズであること。そして価格が1万円前後という事。おまけにこの値段では珍しい光学10倍望遠付き。詳しくはこちら

4GBのSDカード(写真を記憶するカードで容量によって撮影できる枚数が変わります。4GBというのは通常のサイズであれば2000枚!程撮影できます)が2000円ぐらいだったので送料込みの総額12,000円でした。

使った感じは、接写が目的なので、大満足でした。手ブレ防止機能が付いているタイプなので撮影も楽々。自分で言うのも何ですが、プロみたいです。

逆に光学10倍望遠は手持ち撮影だとちょっと難しいかな。撮るのが下手なのでブレますね。あと、暗い場所もイマイチです。バッテリーの持ちは、1日使うのにはちょっと心細い気がします。しかし、本体を購入する時に予備のバッテリーも購入しましたがまだ使ったことはありません、、、、。

と、まぁ、長短ありますが、防水機能が無くても目的にあったデジカメであれば長く付き合えると思います。トータルで考えれば値段、機能で大満足の1台でした。

以上、パソコンとデジカメをセットで考えなくてもいいと思います。デジカメが旅の思い出がより一層素敵なものになりますよ。



Comments are closed.


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

205人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン