東京ハイキング協会 » 2021.12.19【聖峰~高取山】報告 松木千恵子

2021.12.19【聖峰~高取山】報告 松木千恵子



聖峰の山頂広場に立つと、眼下に相模平野の街並みと江の島が見える。
横浜のランドマークやスカイツリー、新宿副都心や大島と利島が確認できます。
バスで出会った人が説明しています。

🔶日時:2021年12月19日(日)    :晴  レベル3:一般向

担当  :松木千恵子
◇サブL: 桜井敏子
◇参加L: 中嶋要一
◇参加SL:佐藤 仁
協力者:鈴木榮男(投稿)
◇参加者:42名(女性29名、男性13名)
所要時間:5時間(休憩時間等含む)
歩行距離:8.3km

<コース>

伊勢原駅=聖峰バス停10:00→九十九曲分岐10:24→10:40聖峰11:00→分岐
11:33→11:40高取山(昼食)12:12→13:20念仏山13:35→善波峠14:00→
吾妻山14:34→15:00鶴巻温泉駅

<コース軌跡>




聖峰登山口バス停は自由乗降区間なので、乗降する際に運転手に意思表示した。
しばらく舗装道路を歩きました。
 
みかんの木、の一本一本に持ち主の名前が掲げられていました。

途中の道からの眺めです。紅葉が少し残っていました。

樹々の向こうに、市街地が見える。

舗装道路から山道になりました。
 猪、鹿避け扉を潜る。
 
九十九曲、ひじりの森

聖峰までもう少しだ。聖峰まで600m、高取山は1時間20分。

九十九曲分岐を過ぎる。

展望が開けました。一斉・・・・

案内板を見ながら眺望を確認。

バスで一緒だった人が説明してくれjました。

聖峰世話人会作成「聖峰からの広角眺望」

聖峰不動尊

集合写真
 
高取山まで40分、不動尊石碑には天明の刻が刻まれていました。

聖峰をあとにしました。
 
高取山山頂のアンテナです。急登が続きます。

高取山へ

高取山です。正面に大山がみえます。その横に大山三峰が見えました。

大山三峰山です。

高取山から念仏山に

木の根で危なかった。

落葉を踏みながらあるく。

お地蔵様です。念仏山の山頂に鎮座してました。
   
お地蔵さん

昭和15年(1940年)まで旧名古木村の村人によって、この山頂で念仏講が行われいた。

ここから富士山がくっきり見えました。

念仏山

箱根外輪山の山々

野菊くと信仰の道。多くの野仏が鎮座していました。

野菊と信仰のみちコース図

矢倉沢往還

矢倉沢往還
 
野仏と矢倉沢往還

吾妻山へ

吾妻山由緒。二宮にも同じ名前の吾妻山があります。
    
吾妻山

吾妻山・東屋

鶴巻温泉駅に向かう。

鶴巻温泉駅へ下山。

コウヤボウキが咲いていました。

料理屋の敷地内に和田義盛公別邸跡
<鶴巻温泉駅前の彫刻>
因みに、この彫刻のタイトルは「宿借り(おかえりなさい)」です。温泉地のヤドカリには「鶴巻温泉へ泊まりに来てね」のメッセージが込められている。

リーダーコメント

冬晴れの良い天気に恵まれ、聖峰からの展望は素晴らしく、眼下に相模平野、相模湾を隔てて房総半島の山々が望めました。

聖峰からは急登になり、みんなの歩調に合わせて高取山に。また、大山の南尾根前衛の高取山からは、目の前に大山が聳え立っています。アップダウンを繰り返し、念仏山、吾妻山と落葉を踏みながら下山。

皆様お疲れ様でした。
どうぞ良い新年をお迎えください。来年も元気に山行を楽しみましょう。

松木千恵子


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

385人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン