東京ハイキング協会 » 2021.05.22(土)【三本杉山~甚ノ函山】報告 佐々木 保

2021.05.22(土)【三本杉山~甚ノ函山】報告 佐々木 保




一つの急登を終え開けた尾根から遠方を眺める。
▼21年5月22日(土)
天気:曇り    ▼レベル: 一般向強
担当L:佐々木 保(投稿)
S L:樋口光雄
協力者:池田典子
参加SL:佐藤 仁
▼花写真提供:髙木 賢
参加者:17名(男6名女11名)
歩程:約4時間50分
コース:神野下村バス停下車9時→取付点9時10分→148番鉄塔9時50分→三本杉山11時30分~40分→甚ノ函山(昼食)12時10分~40分→旧大地峠12時50分→新大地峠13時5分→川合峠14時20分~30分→下山地→JR四方津駅14時50分=JR高尾駅15時2分発高尾行乗車。
 
「神野下村」バス停から戻り「鎌倉街道」の看板から取りつく。   留線「148番鉄塔」

この尾根から急坂の始まりだ。

725M 三本杉山

「三本杉山」から約35分で 810M 甚ノ函山

「甚ノ函山」昼食。

「旧大地峠」。やっと急登から開放され平坦な地へ。

「大地峠」

「川合峠 四方津駅」標識に従い進む。あと80分。「クマに注意」が気になる。

広々とした、良く手入れのされた植林の中は気持ちよく歩けた。

「御座敷の松」戦国の雄武田信玄公が金鉱開発で訪れ休んだことにちなみ、その言い伝えを伝承するために松を植樹した。「大切に育てるため皆様のご協力」をとある。

「川合峠」駅まで40分とあるが約20分で四方津駅着。15時2分発の電車で高尾へ向かった。
 
サイハイラン        フタリシズカ       
 
ギンラン         
エビネ

行動時間:5時間40分。距離:約8.4Km
▼リーダーコメント
天気予報ではハッキリしない一日ですが、北に行くほど雨の心配はないので実施。
時折薄日が見られ雨の心配なく歩けた。急坂のバリエーションは前日の雨が足場を悪くし余計な力を必要とした。一人のハイカーにも会わず静かな山行を楽しむ。甚ノ函山までの急登に皆さん頑張りました。
サブリーダー、(参加)協力者、皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。
佐々木 保


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

371人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン