東京ハイキング協会 » 2020.09.27~30【八幡平他トレッキング】報告 佐々木 保

2020.09.27~30【八幡平他トレッキング】報告 佐々木 保




「八幡平山頂」といっても駐車場から徒歩約30分。

▼2020年9月27日(日)~30(水)【八幡平他トレッキング】
▼天気:27日:曇り、28日:曇り、29日:快晴、30日:晴れ
▼レベル:一般向強
▼担当L:佐々木  保  ▼参加L:松木 千恵子
▼協力者:池田 典子、清水 十三男
▼参加者:19名(男2名女17名)
▼歩程:28日・6時間30分+45分(八幡平)。29日・5時間10分。
▼コース27日():角館「武家屋敷」散策。角館駅=田沢湖駅=玉川温泉(泊)  28日():宿8:00→名残峠(焼山)昼食12:00~20→毛せん峠13:40→後生掛温泉15:30~50=八幡平(百名山)=(タクシー)=藤七温泉(泊)  29日(火):宿→登山口8:20~25→畚岳8:50~55→分岐9:00→諸桧岳9:55^10:050嶮岨森11:30~35→大深山荘12:40~50→水場→源太岳分岐14:00~10→松川温泉バス停15:35~16:20=盛岡駅18:20  30日():盛岡駅前=(バス)=宮古駅前=浄土ヶ浜=遊覧船=浄土ヶ浜=宮古駅=釜石駅=新花巻駅=東京駅
2日目(玉川温泉~後生掛温泉)

「玉川温泉自然探勝路」から出発

ヤブ状態。コロナ渦で整備ができなかったか、歩くハイカーが少ないのか・・・? しばらく続いた。

「焼山登山道標識」この辺りに径は広い

この辺りは「ルンルン」で歩いていた

「焼山山頂」。この焼山の登りは径が見えない程笹が覆って体力と時間を浪費した。
タクシーで八幡平駐車場から「八幡平(百名山)」を往復し藤七温泉(泊)へ向かった。

3日目(藤七温泉~松川温泉)

「裏岩手道登山口」から見た「畚岳」

「畚岳」山頂}

「諸桧岳」辺りからの「岩手山」

「嶮岨森」過ぎた辺りの「岩手山」
「大深山荘」

「水場」へ降りる草モミジ越しの「岩手山」

この先「水場」で水を補給して「松川温泉バス停」へ下山した。そして盛岡駅前ホテルヘ投宿した
 
4日目(浄土ヶ原):浄土ヶ原遊覧船を楽しみ、三陸鉄道リアス線経由帰京したが「復興工事」は未だに継続中でした。白く写っているのは「防潮堤」、その向こうは海。
●軌跡図
①玉川温泉~後生掛温泉
藤七温泉~松川温泉

リーダーコメント
28日夜明けまで降っていた雨の影響で、ぬかるみと伸び放題の笹、特に「焼山」の登りは脇の下まで伸びた笹に阻まれ、余計に時間を要した。今思えば登りでよかったかもしれない。下りだと笹で径も見えない為転倒すると起き上がりが大変かも。それでも誰一人として脱落することなく、皆さんで協力しあい、百名山:八幡平も行くことが出来た。
29日は雲一つない晴天の中「岩手山」を見ながら稜線歩きを楽しめた。「大深山荘」から水場へ下ると「草もみじ」が目に入り美しい秋を感じた。
リーダー、協力者そして参加の皆さんの協力で怪我人もなく終えられ感謝です。ありがとうございました。
佐々木 保


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

318人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up