東京ハイキング協会 » 2019.11.02~03 【 鳥ノ胸山・御正体山 】報告 山川 L

2019.11.02~03 【 鳥ノ胸山・御正体山 】報告 山川 L



御正体山頂上にて (タップして拡大でご覧ください

▼2019年11月2日(土)~3日((日))
▼天気:晴 / 晴  ▼レベル:5⃣ やや健脚向
▼担当L:山川美恵子
▼参加L:坂寄牧子
▼協力者:山川和雄
▼投稿者:名児耶 髙宏
▼参加者:16名(男5名、女11名)
▼全行程:1日目:4時間20分、2日目:7時間11分
——————————————————————————————————————————–
▼コース状況:
1日目の予定:台風影響で長尾山~赤鞍ケ岳を鳥ノ胸山に変更された。通行止めコース多発している状況の中無事に歩けた事ラッキーでした。
1日目の鳥ノ胸山 コース全般に登山道は影響ありませんでした
2日目の御正体山 コースでは小さな木の倒木はありましたが歩くのに影響はありませんでした
駅から登山口、下山口までの送迎があり楽な登山になりました。送迎あったにも関わらず安い参加費でした。また参加者の足が揃っていてレベル5⃣に関わらず楽しい歩きでした
急登などありましたが危険個所はありませんでしたが 2日目の日向峰の登りは急登(まき道あり)、石割山からの下りは急降下で段差が大きく歩きは困難でした
紅葉は素晴らしかった
——————————————————————————————————————————-
▼コース: 1日目:鳥ノ胸山
▼沿面距離:6.4Km ▼累積標高差+666m,-642m  ▼最高点 鳥ノ胸山1,207m
▼国土地理院1/25,0001 地形図:都留・御正体
JR大月駅 = 鳥ノ胸山登山口9:16 → 秋葉山10:00 → 鳥ノ胸山11:13/11:47(昼食) → 雑木ノ頭12:23 → 道志の森キャンプ場13:10 → 道の駅どうし13:36 = 宿
このように歩きました (タップして拡大でご覧ください)





▼1日目の写真

 
9:12 キャンプ場左横が登山口             9:16

 
9:21 最初はこんな登山道でした            9:24


9:59 紅葉が素晴らしかった

 
10:01 秋葉山山頂からの富士山の雄姿

 
11:00                            11:10

 
11:13 富士山に向かって皆で大声                     11:14 富士山を撮ったつもりでしたが霞んでしまい
・                                    写っていませんでした

 
11:14                             11:15 鳥ノ胸山 山頂 (昼食)
山名は、江戸時代の甲斐国志によれば「殿ムレ山」と記してあり、この名前となったそうです

 
11:43 出発                                              11:46

 
11:46                                                                   12:22 雑木ノ頭


12:27

 
12:47                             13:07 道志村キャンプ場
・                                 3連休 沢山のテントに驚きました
 
13:47 「道の駅どうし」に到着 ここから宿の車で        14:22 今夜の宿に到着

 
17:30 夕食 美味しく頂きました 夕食前に少し飲み過ぎましたかな
——————————————————————————————————————————–
▼コース: 2日目:御正体山
▼沿面距離:10.7Km ▼累積標高差+1,264m,-1,128m  ▼最高点 御正体山 1,681m
▼国土地理院1/25,0001 地形図:御正体
宿 = 御正体山登山口7:33 → 御正体山10:00 → 前ノ岳10:47 → 中ノ岳11:41/11:50(昼食) →
奥ノ岳12:30 → 日向峰 13:26→ 石割山13:55 → 石割神社14:24 → 富士見平14:44 = JR御殿場駅
このように歩きました  (タップして拡大でご覧ください)







▼写真
 
7:32 登山口                        7:44 沢沿いに歩く

 
7:49                              7:59

 
8:54 臼井平分岐(坂の落合)             8:56

 
9:02                              9:09

 
9:12                              9:25

 
9:44                              9:44

 
9:53 御正体山頂上 他に登山者2名 展望はありませんでした
(信仰登山で栄え、山頂近くに寺院があったことに由来する仏教用語であるようだ。 江戸時代末期に妙心上人というお坊さんがこので修行を行い開山し、後に山頂付近のお堂に籠って即身仏となった。 この上人のお姿は「僧体」と呼ばれ、それが訛り御正体となったという説もある)
「御正体山」は日本二百名山、山梨百名山

 
・集合写真                          10:11


10:17 頂上より少し下がった地点の展望 南アルプス北岳

 
10:18 皆さんで北岳に向かって             10:19

 
10:20                             10:46 前の岳頂上

 
10:50                            10:52

 
10:53                             11:41 中ノ岳

 
11:22 昼食                         11:48


11:54

 
11:59                             12:08

 
12:12                             12:20


12:26

 
12:30 奥ノ岳頂上                    12:33

 
12:44                            13:08

 
13:18                             13:37 小天狗
 
13:46                             13:52

 
13:54 石割山 山頂                 晴天ならこんな富士山が見れるそうですが・・・・・・・

 
・ここから山中湖が 残念ながら・・・・           14:05

 
14:21 石割神社
漢字の「石」の字の形に割れた大岩を御神体とする珍しい神社で、開運・厄除・追儺・長寿息災のご利益があると言われ、古くから神社の後の岩の隙間を3回通れば幸運が開けるといわれています
皆様は1回しか通らなかったので幸運は1/3かな?

 
14:29                             14:33


14:33 長い長い階段 ここを上がるのには大変と想像します。疲れた足には下りでも大変でした
なんと403段もあるだそうです

 

——————————————————————————————————————————-
▼山川リーダーのコメント:
山の状況判断が難しく、取り敢えず現地への山行だったが、前日に歩かれた登山者からの情報で決行。
予定通りの宿泊に宿の方も感謝され、紅葉広がる静かな御正体を楽しんだ。
——————————————————————————————————————————–


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

255人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up