東京ハイキング協会 » 2019.07.20・21【北ア:唐松岳】報告 佐々木 保

2019.07.20・21【北ア:唐松岳】報告 佐々木 保



「唐松岳」が目の前に。

▼2019年7月20日(土)・21日(日)   ▼天気:曇・曇   ▼レベル:4
担当L:佐々木 保
協力者:樋口 光雄・池田 典子
参加者:18名(男4名、女14名)
歩程1日目:1時間20分。2日目:6時間45分
コース: 1日目:八方池山荘↔トイレ設置場所間散策 2日目:八方池山荘4:00→八方山4:45~5:05→丸山6:45~55→唐松岳8:00~15→唐松山荘8:30~50→丸山9:35~50→扇雪渓10:05~15→公衆トイレ11:10~20→八方池山荘11:45~12:00

●1日目:足慣らしの散策を楽しむ。

山行の起点となる「八方池山荘」。ゴンドラ・リフトの終点でもある。

足に優しい・・・? 木道
 
公衆トイレでUターン                  キスゲの黄色を眺めながら小屋に戻る。 
2日目:唐松岳登山
薄曇りの天気だがこの「日の出」を見られ希望が膨らんだ。
 
八方の稜線から「鹿島槍ヶ岳」と「五竜岳」の頭が見えた。

「八方池」も過ぎて鹿島槍ヶ岳・五竜岳も大きくなる。
 
「唯一の雪渓」

「展望図」と白馬三山

「丸山ケルン」と白馬町を見下ろすハイカー

「五竜岳」を背に一歩一歩歩む。

「唐松岳」もハッキリと大きく迫ってきました。

唐松山荘への水平道は崩落で「迂回路」を行く
 
「唐松岳」山頂。標識の上に「劔岳」

「唐松山荘」を見ながら下山。この頃には「富士山」は雲に隠れた。

「唐松山荘」前で一枚。

「扇雪渓」で休憩して。
 
「丸山ケルン」と白馬三山。

「八方池」越しの白馬三山。

このような花を見られました。他にチングルマやイワカガミ等多種多数。
 
唐松山荘から唐松岳へ向かうと直ぐに瓦礫の斜面に「コマクサ」が咲いていた。
 
「軌跡図」。2日間で歩程約8時間。距離15㌖。

■ 台風の影響が一番心配でした。今回は「北アルプス」なので実施か中止か・・? 何時もの悩みは今回もある中で実施。唐松岳登山日の日曜日4時に出発。空は薄曇り、下界は雲海もない。早くも北方に「白馬三山」が南方に「」鹿島槍ヶ岳と五竜岳」が飛び込む。そして日の出が見られテンションも上がる。唐松岳で360度の展望を楽しむ。花も沢山見られました。下山中にゴンドラ・リフトからの登山客のすれ違いに時間を取られ、八方池からは観光客との合流・・・? もありました。無事に下山出来て感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
佐々木 保


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

243人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up