東京ハイキング協会 » 2019.03.09【秩父:皆野アルプス】報告 佐々木 保

2019.03.09【秩父:皆野アルプス】報告 佐々木 保




破風山 626.5M  山頂

▼2019年03月09日(土)
天気:晴
レベル:一般向強
交通:電車
担当L:佐々木 保
協力リーダー:坂寄 牧子、佐野 満喜子、荻島 二郎
協力者:邑楽 国二郎、樋口 光雄、清水 十三夫
参加者:39名(男10名、女29名)
歩程:4時間5分
コース:皆野駅前10:25発=秩父華厳ノ滝11:15→大前集落→天狗岩(昼食)12:13~45→大前山13:00~10→札立峠13:40→破風山13:50~14:00→男体拝14:30~40→前原山15:35→大渕登山口15:55→皆野駅16:10~16:33(池袋行発)
 
「秩父華厳ノ滝」。高さ10数mの滝ですが、日光の華厳の滝とよく似ていることから、その名で呼ばれていると言われています。

「秩父華厳前バス停」下車後100Mほど戻る。トイレがありそして日野沢川にかかる橋を渡る

春の日差しが差し込む易しい道を進む
 
「大前集落」。案内板の下には早くも春の花が迎えていた

分岐点。右は天狗山経由。左は天狗山カットで天狗山と大前山の鞍部に行く道

天狗山で昼食。山頂は狭く岩山なので崖方に背中を見せることは落下の危険大。要注意。

次に行く「大前山」

「天狗山」から始まる急降下

「クサリ場の注意書き」当然ながら守れない方もいるからこの看板がある。落下すれば命はない・・・?

クサリの登り下りは「注意書き」を守って

奥の院 ・・・?

ヤセ尾根歩きも又楽しい気分
 
クサリ場と尾根の風景

ヤセ尾根の下り

まだまだ続くヤセ尾根

規模が小さくても奇岩は奇岩
 
「杖立峠」標識と奉納された仏像

今山行最高峰「破風山」山頂と三角点


要注意場所。破風山下ると直ぐにあずまや「休憩所・・?」。右への道と左への道がありそれぞれ「矢印」がある。左への道を行く。

冬枯れの目に易しい風景と歩きやすい道。このまま行くのかと思えば

クライミングができそうな大きな岩が出た
 
まだまだ続く岩場とヤセ尾根

「前原山」と「四等三角点」

無事に「大渕山登山道入口」に到着

本日の軌跡。ナビ情報では活動時間:5時間15分。活動距離:8.4Km
長い距離と時間とヤセ尾根、岩場、クサリ場とロープ。そして急登降ありの、変化にとんだ行程は、この時期にしては少々キツかったかもしれません。が、恵まれた天気とリーダー、協力者の皆さんに助けられた山行でした。ありがとうございました。佐々木保


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

248人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up