東京ハイキング協会 » 2018.11.3~4 【 甲相国境尾根 №3 ・赤鞍ケ岳(朝日山)】 報告 山川 L

2018.11.3~4 【 甲相国境尾根 №3 ・赤鞍ケ岳(朝日山)】 報告 山川 L



 


二十六夜山 山頂にて  写真をクリックして拡大でご覧ください

2018年 11月  3日 (土)~4日(日)   レベル5 : やや健脚向
担当 L  :  山川美恵子
協力者 :  山川和雄
参加 L : 坂寄牧子、加藤正彦
投稿者 : 名児耶 髙宏
参加者 : 16名 ( 男性:6名 女性:10名 )
———————————————————————————————————————————
甲相(こうそう)国境尾根を3回に分けて歩き今回で完歩出来ました。甲相国境尾根とは 丹沢山地の丹沢主稜の内、大室山以西の山梨県(甲斐国)と神奈川県(相模国)の県境に伸びる延長約20kmの尾根
第一回 2017. 9.3 籠坂峠→大洞現山→三国山→明神山→切通峠→ 平野 活動報告
第二回 2017 11.4 道志の湯→加入道山→大界木山→城ケ尾峠→道志村(泊)城ケ尾峠→城ケ山→
菰釣山→石保土山→切通峠→平野
第三回(今回)2018.11.3 鐘撞山登山口→鐘撞山→大室山加入道山→道志の湯
——————————————————————————————————————————–
1日目  11/3(土)  天気:快晴  気温 : 16℃
行程 : JR藤野駅8時05 = タクシー鐘撞山登山口(立石建設) 8:46出発 → 鐘撞山(かねつきやま) 10:11  → 大室山 12:37 → 加入道山 14:00→ 林道 15:43 ここから宿の車で和田村の光荘(泊)15:55
全行程時間 ; 7 時間
沿面距離:11.4Km 累積標高(+) 1,425m、(-) 1,206m 最高地点:大室山 1,587m
地図 : 2万5千図 : 大室山 昭文社地図:丹沢

拡大してご覧ください
——————————————————————————————————————————–
2日目  11/4(日)   天気:曇り、一時小雨  気温 : 15℃
行程 : 和田村の光荘 6:35 → 菜畑山 9:10 → 赤鞍ケ岳(朝日山) 12:11  → 二十六夜山 13:58 →下尾崎バス停 15:37 = タクシーでJR上野原駅
全行程時間 ; 9 時間
沿面距離:11.0Km 累積標高(+) 1,274m、(-) 1,483m 最高地点:赤鞍ケ岳(朝日山) 1,299m
地図 : 2万5千図 : 大室山 昭文社地図:高尾・陣馬

——————————————————————————————————————————–
・ コース状況 / 危険個所
JR藤野駅からタクシーで神ノ川林道に入って大瀬戸トンネルの先、立石建設先の鐘撞山登山口から取り付き、途中登山道より少し外れたが、トラーバスして正規登山道に
2日間共 危険個所ははありませんでしたが、道標は少なく、また踏み跡が薄い所があり地図読みが少し必要と感じました。
2万5千図に徒歩道の記載があっても踏み跡がない、また記載のない所もあり、昭文社の地図なども見る必要を感じました。
☆ 山梨百名山3山
・ 大室山1587m、大室大権現として行者などの修験場
・ 菜畑山(なばたけやま)1283m、
・ 二十六夜山972m
——————————————————————————————————————————–1日目(11/3土曜日
鐘撞山登山口 → 鐘撞山  → 大室山 → 加入道山 → 林道 ここから宿の車で和田村の光荘(泊)
 
8:06 藤野駅前タクシー待ち                          8:46 立石建設現場前 ここから少し先登山口

 
8:52 鐘撞山登山口 道標               9:01 最初の登山道


9:38 登山道か少し外れる

 
10:11 鐘撞山到着  山頂標識の横に径20 長さ40cm、鐘と槌がぶら下がっていて皆様叩いて安全祈願  ☆ 鐘撞山の眼下は長者舎といい、武田勝頼の滅亡后、その家臣の小山田信茂の城代であった小山田八左衛門一族は小田原(北条氏)をめざし落ちのびようと神の川流域長者舎まできました。折花姫を守る為に鐘撞山は鐘を置き急をつげるときの場所としたそうです


11:59 紅葉きれいに

 
12:09 倒木所々ありました              12:23


12:37 やっと今日の最高地点大室山1,587mに到着  (山梨百名山)

 
大室山頂上の様子

 
12:54 木道が続きました               13:00

 
13:42 前大室山                     13:46

 
13:54 加入道避難小屋


加入道避難小屋内部の様子 綺麗でした いつかは泊まりたく思いました

 
14:16                          14:17 リボン多数 道志の湯方面分岐点

 
道志の湯案内板                   登山道は荒れていました

 


15:05 東屋で休憩 (水場)

  
15:37 「登山道入口道標」 この先少しの所から宿の車で「光荘」へ 15:50着

 
宿の部屋の様子                     夕食 すき焼き、てんぷらなど4人分 満腹
・                               飲み過ぎ? いの一番床に


夕食の様子
——————————————————————————————————————————–
2日目(11/4 日曜日)
光荘  → 菜畑山 → 赤鞍ケ岳(朝日山)  → 二十六夜山 →下尾崎バス停 = タクシーでJR上野原駅
 
6:34                                                                   6:45 取り付き点道標

 
6:45 最初の登山道                   7:15 少し登山道から外れバリコース

 
7:31 送電線鉄塔                   7:55 林道に出る


9:00 リンドウの蕾

 
9:10 菜畑山                                                  菜畑山頂上の様子
・  小雨で中止で下山か皆様の意見で予定通り歩くことに、幸い雨具のズボンを履く事ない小雨

 
9:40                             10:02


10:05

 
10:07                            10:21

 
10:22 ブドウ岩の頭 1224m


岩戸ノ峰 1288m


11:34

 
12:11 赤鞍ケ岳(朝日山)山頂 1299m 2日目の最高点

 
12:22                           12:27


12:32 快晴であったらもっと鮮やかな紅葉かな

 
12:38                            12:40 この辺から小雨上がり バンザイ


12:51


12:53

 
13:00 棚ノ入山 山頂

 
13:02                           13:20 ザレ場 慎重に歩く

 

 
13:58 二十六夜山 山頂                山頂にて


15:20 二十六夜山 登山口


15:29 「廿六夜山」 説明

このように歩きました 地図をクリックして拡大して見て下さい


詳細軌跡はヤマレコに投稿しましたのでご覧ください  詳細軌跡(ヤマレコ)
——————————————————————————————————————————-
・  山川リーダーのコメント
・  丹沢は快晴、道志は雨のそぼ降る山となりましたが、明るく歩き通した先輩方には頭が下がります。
・  楽しかった!!  また一緒に歩きましょう!
——————————————————————————————————————————


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

213人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン