東京ハイキング協会 » 2018.09.22・23【北八ヶ岳:ニュウ~稲子岳】報告 佐々木 保

2018.09.22・23【北八ヶ岳:ニュウ~稲子岳】報告 佐々木 保




東天狗山頂。前日の天気がうそのような素晴らしい天気に北八ッ第一の展望を楽しめた。

▼2018年9月22日(土)・23日(日)
天気:曇り・晴れ
レベル:一般向き強
交通:電車、路線バス、タクシー
担当L:佐々木 保
現地協力者:清水十三男、樋口光雄
参加者:19名(男4名、女15名)
歩程:22日:3時間40分、23日:4時間50分
コース22日:白駒の池出発11:00→白駒荘前(昼食)11:20~35→白樺尾根分岐10:25~35→ニュウ13:30~40→黒百合ヒュッテ15:20(泊)
23日:ヒュッテ6:50→東天狗8:50~9:00→西天狗9:25~40→唐沢鉱泉分岐12:00~10→唐沢鉱泉12:55=(タクシー)=JR茅野駅

 
白駒池バス停(駐車場)を上下雨具着用で出発    メルヘン街道を横切ると真正面が入口

原生林と苔の絨毯が美しい

白駒荘(昼食)。天気悪く良く見かける池に写る紅葉は見られなかった。

かすかに紅葉が始まっていた。

白駒湿原。かすかに色ずいたクサモミジがキレイだ。

昨夜からの雨・・? かドロドロのぬかるみ道には困った。
 
ニュウへ向かう登り口。                  道はぬかるみから岩ゴロゴロ道に。

ニュウ山頂の三角点。

中山峠へ向かう。
 
此方の道も岩がゴロゴロ。                 待望の日差しが心も足も軽やかにする。

行く予定の「稲子岳」。
 
樹林の中を進む。                      中山峠三差路。

黒百合ヒュッテ着。1日目も無事に終了。

2日目。素晴らしい天気に期待を大きく持って出発。

天狗岳へも岩がゴロゴロの道。岩の間にヒュッテが見えて。

左に東天狗。ポコット出ているのが天狗岩と呼ばれる岩頭。その右が西天狗。

振り返ると「蓼科山」が広い原野に浮かんでいた。

東天狗から西天狗山頂。正面に北八ヶ岳。


西天狗山頂からの八ヶ岳。

さらに下った所からの八ヶ岳。
 
西天狗からの下りも岩ゴロゴロでした。        第二展望台からの八ヶ岳。

樹林を抜けての展望。西天狗がこちらを向いていた。

第一展望台と雲海。

唐沢鉱泉からの登山道入口。

二日間の軌跡。1日目:平坦な道はドロドロに悩み、登りに入ってからは岩ゴロゴロに悩む・・?。天気は次第に良い方向に向かっていることを実感しながら歩く。ニュウから稲子岳へは完全なバリルート。植生保護と団体の行動は遠慮願うとの小屋の助言もあって断念する。2日目は好天気で期待通りの展望を見られ大満足となった。下りの西尾根は樹林の中の尾根道で眺望は皆無で展望台でしか見られない。ひたすらの歩きも足を滑らせないよう気をつかう長~い下りでした。唐沢鉱泉にタクシーを回して帰路についた。無事に終えられた事に協力者と参加者の協力に大いに感謝。


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

215人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン