東京ハイキング協会 » 2018.06.07【日光千手が浜クリンソウ】報告 柴崎 実

2018.06.07【日光千手が浜クリンソウ】報告 柴崎 実



 

6月7日(木) 日光千手ケ浜クリンソウ 歩程時間約4時間30分

東武浅草6時44分東武スカイツリー南栗橋行——–7時52分南栗橋乗り換え8時——-8時31分栃木駅係り合流—9時16分東武日光—バス湯元温泉行9時45分発乗車—–バス—-いろは坂——10時50分赤沼下車11時10分—-0.10—-分岐—-0.15–分岐—0.20—-車道—–0.15—-小田代ケ原—1.45—–分岐—-0.15—-分岐—-0.10——–西ノ湖—–0.40——–千手の森歩道—–千手ケ浜クリンソウの大群落—千手ケ浜バス停—–低公害バス—-17時赤沼-17時5分—-いろは坂–日光駅解散

 

ズミの花が残っていた。

赤沼茶屋バス停、出発前


レンゲツツジはこれからのようです。


男体山


レンゲツツジ


セイヨウタンポポの花弁が大きいね。

貴婦人と呼ばれているシラカバの木。


ツマトリソウがとろこどころ見られた。

参加者と一緒にグーサイン。

小田代ヶ原をバックに、三つ岳や山王帽子山、太郎山が見える。


ヤマツツジも残っていた。


立派な木道の登山道。

小田代バス停にはトイレがある。昼食風景

各樹木には、ビニールテープが巻いてあった。食害防止と書かれていた。


大きな木の前で集合写真を撮影した。

西ノ湖


千手が浜には船の発着場がある。


これから先は、今年のクリンソウをお楽しみください。

コメント

千手が浜のクリンソウ咲く時期には、沢山の観光客や登山者が訪れているが、今年は10日前後季節が早く6月上旬から見ごろである。写真撮影に毎年訪れいている方も多いようだ。今回は車道ではなく西ノ湖入り口から山道を歩いたためクリンソウの群落をゆっくり見られず、千手が浜バス停から最終のバスに乗車した。参加者の皆様のご協力を感謝します。

柴崎 実 記

 

 


これまでのコメント

  1. 小林 治美 :

    柴崎リーダー
    お世話になりました。西ノ湖は初めてでしたので参加させていただきました。
    あの山道 新鮮でした。淡い緑の中の山つつじも素敵でしたし 貴婦人も健在。
    楽しいメンバーとの山行 とても楽しく過ごすことが出来ました。
    万歩計の数字は27,950歩でした。
    これからも楽しい企画をお願い致します。
    有難うございました。

この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

314人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up