東京ハイキング協会 » 2010.08.07 【明神峠・三国山山稜(静岡県・山梨県・神奈川県の県境)・立山】報告

2010.08.07 【明神峠・三国山山稜(静岡県・山梨県・神奈川県の県境)・立山】報告



実施日:平成22年8月7日(土)

天 候 晴れ(猛暑日)、歩行時は22℃前後。
報告者:大木 建次  協力者:萩原勝哉

参加者:22名 (男7名 女15名)

【コース時間】
駿河小山駅バス9:00=9:25明神峠9:35→三国山東登山口10:00→ブナ巨木の森→10:50三国山11:00→ヅナ峠→11:40ブナ林(昼食)12:15→大洞山(角取山)→アザミ平12:55→立山(1332m)→立山展望台13:30→14;25紅富台→町巡回バス停14:40=健康福祉会館→駿河小山駅

【コース概況】
ハイキングバス終点の明神峠(標高約900M)は、左が三国山方面、右が湯船山・不老山方面の分岐点。今日は三国山方面に、自然林(1.1km)の中を歩き始める。県道147号線を横断すると三国山東登山口がある。既に標高1000Mを越えており、ブナの巨木を始めとする落葉樹林帯(1.1km)を登ると三国山(標高1323m)頂上に。

今回の最高峰である大洞山(角取山=1383m)、視界が広がるアザミ平、そして立山・展望台に続く道(約5km)は、気温22℃前後で、適度の風もあり、ユニークな道標を楽しみながらの快適な森林浴。アザミ平ではホタルブクロやナデシコが咲いていた。フジアザミは未だでした。

立山展望台からは、富士山の山頂には雲がかぶり、一方、裾野と愛鷹山はくっきりと。下山口の別荘紅富台に着くと、正面に富士山が雲も無く、黒く、大きく見える。

町の巡回バスを利用させて頂き、駿河小山駅付近の健康福祉会館(ふじみセンター=ゆったり湯)で下車。有志は町の安価(300円)な入浴施設で一浴し、さっぱりして休憩室で交流を図る。そして、駿河小山駅16時57分の上り国府津行に乗車し帰路へ。


明神峠案内票


三国山山頂にて


ユニークな道標


樹林帯を


大洞山


アザミ平


アザミ平に咲くカワラナデシコ


立山展望台から富士裾野と愛鷹山


紅富台からの富士山


フジミセンターから 富士山・三国山山稜・鮎沢川等

【リーダーコメント】
今回のコンセプトは、盛夏でも楽しめ、小山町が推奨している富士箱根トレイル(箱根金時山から不老山・富士5合目まで)の区間で、既に1月の不老山、5月の金時山の山行に繋がるものです。明神峠までバスが新設(土・休日運行)され、この方面でのハイキングが飛躍的に便利となりました。

天気は、朝から暑く、猛暑日で注意の警報でしたが、歩いている時間帯は、気温が22℃前後で、上り始めから下山まで殆ど樹林帯(約11km)で、標高差も少なく快適に歩ことができました。参加者の皆様、ありがとうございました。

なお、今回のコースのうち、山名表示が地元呼称と昭文社と表示が違っており、立山から紅富台へのルートは最新2010年版から掲載されています。


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイ会員web

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン

Scroll Up