東京ハイキング協会 » 2018.02.22【江東・墨田の下町歩き】報告 松永L

2018.02.22【江東・墨田の下町歩き】報告 松永L



、                      香取神社の梅

江東・墨田の下町歩き 
ウォーキング①
実施日:平成30年 2月22日(木)  雨/みぞれ/曇り
リーダー:松永孝子
サブリーダー:金子 敬
協力者:土屋秀夫 毛塚順一
参加者:27名
コース
JR総武線新小岩駅(10:40)→新小岩公園→平井大橋→平井聖天燈明寺(11:30)→諏訪神社→亀戸中央公園(12:10~13:00)昼食→亀戸水神→北十間川→香取神社・香梅園(13:32)→キラキラ橘商店街→曳舟駅(東武&京成)解散(14:12)
 
上空に強い寒気が居座って冷たいみぞれ

 
新小岩公園ご案内                葛飾あらかわ水辺公園周辺地図

 
平井大橋(葛飾あらかわ水辺公園)荒川と中川に架かる橋
西新小岩と江戸川区平井を結んでいる

 
蔵前橋通り                    平井聖天燈明寺 山門

 
、                 聖天堂(明雅山明王院)
妻沼聖天、浅草待乳山聖天とならぶ関東三聖天のひとつとして知られる墨東の名刹で、将軍鷹狩りの御膳所にもあてられました。安政地震(1855)で堂宇を損傷、関東大震災(1923)では本堂全壊の災禍にみまわれました。当時の関澄道貫主によって再建が計画され、平等院風の優雅な本堂が建立されました。澄道貫主は文人としても知られ、歌人の正岡子規、伊藤左千夫らと親交が深く、境内の茶室も左千夫の設計によるものです。      江戸川区HP

 
鐘楼


平井諏訪神社         【主祭神】建御名方神(たけみなかたのかみ)
信濃国の一ノ宮諏訪大社の分社である。

 
平井の富士塚                  稲荷神社

 
彩色の装飾彫刻は江戸時代後期の神社建築
龍や木鼻に施された籠彫りの唐獅子などに精緻な彫刻技術を見ることができる。
,

 
江東新橋手前を降りていく           旧中川


河津さくら    ソメイヨシノより一足早く咲く、濃いピンクが特徴の桜です

 
区内では桜の名所のひとつとして知られる旧中川河川敷沿い  ふれあい橋

 
亀戸中央公園                  サザンカ 花びらが~寒くて凍りそう!
日立製作所の亀戸工場のあったところを買収し、整備したもので、A・B・Cの3地区に分かれています。A地区には、中央広場に時計塔やアスレチック風の木製遊具が設置され、子供たちの格好の遊び場になっています。

 
亀戸スポーツセンター(昼食場所)

 
亀戸水神     亀戸天神は学問の神様ですが、亀戸水神は水の神様です。
,


香取神社

 
小村井香取神社梅まつり      手入れが行き届いていて、趣があります

 
ところ狭しと植えられています


ほのかに匂う梅もあります


江戸時代の梅の名所、小村井梅屋敷(おむらいうめやしき)を再現した香梅園で、85種、120本の梅の木が観賞できます。 華やかさの中に入ると圧倒されてしまいます。

お疲れ様でした
ありがとうございました    丹羽・記

 

 

 


この記事にコメントする


Facebookページはじめました。よろしければ『いいね』をお願いします。

東ハイホームページを登録(無料)

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

192人の購読者に加わりましょう

東ハイ会員web

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ポイントアフィリエイト

Powered by WordPress, 12345678, WP Theme designed by WSC Project. ログイン